So-net無料ブログ作成
検索選択

WOWOW B'z 『Only Two』まとめ (後編) [B'z]

今更感バリバリの話題なのですが
こちらの記事で
「観たくても観れなかった人への
番組レポート等は後日書かせて頂くことにして」
とお約束していますw

年も明け2月になろうとしていますが
(後編)として番組レポートを書きたいと思います
はじめに申し上げておきますが
いたずらに長いです(毎度のこと)
画像もめちゃくちゃ多いです(毎度のこと)
たいして面白くない上に←ヲイ!
当方稲ヲタな為、偏ったレポートになっています
しかも2013年3月23日 (土) 22:00~リピート放送決定!

観れなかった人は私の記事を読む前に
お試し加入で観て下さいw
決して損はさせない内容となっています

って事でここまでの条件をスベテクリア出来る勇気のある方だけ
この先へとお進み下さいね♪
隠さずこのまま進みますので
ネタバレは嫌って方はここでさよならしてくださーい

尚、稲葉さんの私服、アクセサリー、私物に関する情報は
WOWOW B'z 『Only Two』まとめ (前編)でお楽しみ下さい
         ↓
http://arigato-504.blog.so-net.ne.jp/2012-12-10


では(後編)のはじまりです


いきなりTAKのインタビューからスタート
場所はLAにあるB'zのスタジオの中庭
とにかくいいお天気ってのがグングン伝わる絵

Q、稲葉さんについて

松本 : 友達でもないし、単なるビジネスパートナーでもないし
当てはまる言葉が見つからないというのが正直なところだよね
だけどやっぱり、20年余りホントに濃い時間を共有してきたから
すごい尊敬できる人ですよあの人は
真面目だし、やっぱ歌うこと、音楽を作って歌うことに
ものすごくプロフェッショナルですよね
だから彼の生活すべてがそこの為にやってるように一緒にやってる僕でも
そういうふうに見える
あんまりベッタリでもないよね
長い間やっていくうちに
いろんな時期があったと思うんですよね
変わった関係ですよね。

写真-109.jpg

続いて稲葉さん
Q、松本さんについて

稲葉 : 年齢的にはうちの兄貴と同学年だったりして
兄の影響で音楽を聴いてたので入り口がそこ
その兄と同じような音楽を聴いてた世代で
そういう意味では兄貴みたいな部分もあるし
ステージの上ではお互いに刺激を与え合えるパートナーでもあるし
仲の良い友達とはまた違いますよね
一緒にいつも飲みに行ったりするわけでもないし
何か目標を決めて
そこに人を巻き込みながら進んでいける人なんで
そういうところありますよね。

Q、どこで意思疎通をするのですか?

そうですね〜
ステージの上とか、それこそ本番中とか
本番中は時間が濃いっていうか
空気が濃いというか
そこで分かったりすることも結構ありますよね
だいぶ特殊ですね

苦笑いするもなんか嬉しそうな稲たんw
お互いを「変わった関係」「だいぶ特殊ですね」と
表現は違うものの
同じニュアンスを発信するなんて....
ニタッとしてしまう私は相当気持ちわるいです(笑)

ここでスポットやCMでも流れた
あの1分にも満たない映像が流れるのですが
その中に一瞬のお宝映像がぁぁぁ
隠し球キタよコレ!!!

写真-111.jpg

波打ち際で波と戯れる稲葉浩志48歳
なんなんですか?この美しさ、可愛らしさ〜
ボスにもらったスニーカー死守しているしぃ
しかも、一瞬投入の映像
もしかしてサブリミナル効果狙ってますか?w
実際、このWOWOWの番組
えー、ソコをもっと長く流してよ!と
哀願したくなるショットが一瞬の映像となって流れています

後ろ髪ひかれながら
次にLAで行われた配信映像から
OPのLove Bombがフルで

☆8.22.12 羽田スタジオ☆

いよいよリハーサルスタート
いきなり稲たん日焼け顔すっぴんロン毛で登場
シェーンと2人でナキサーフのTシャツ着ています
どんだけ、2人でオフにサーフィンしていたのでしょうね

写真-108.jpg

ここで今回のツアーコーディネーターのRob Kelso氏のお話が入ります

B'zの最初の北米ツアーは2002年ロスとサンディエゴの2都市だけ
どちらも小さい会場でした
2011年のツアーはロス、サンフランシスコ、バンクーバーの3都市(西海岸)
2012年のツアーは、サンフランシスコ、シアトル、バンクーバー、トロント
ワシントンDC、ニューヨーク、ロス(東も含む7カ所)

リハの後のインタビュー
ここでインタビューをして下さる
番組プロデューサーの方をご紹介します
お名前は、渡邊光男さん

声から想像した雰囲気とはちょっと違う
人の良さそうな、おじ様です
てか、B'zの2人も年齢的に立派なおじ様なんですけどね

写真-102.jpg

以下渡邊氏のコメントはプロデューサーのPで表示します

P : B'zのリハは短くて簡素化していますね?
稲 : エヘヘ(耳に髪をかけながら)怠けている訳じゃないですけどね
P : ここまで淡白とは思わなかった
松 : あーそーですか(ニヤリ)

ここで稲たんのけぞりながら笑うw

写真-112.jpg

P : もう少し熱いものがあるのかと思った
松 : うちに秘めた熱さはありますから!

まだ探り合い状態の
撮る側と撮られる側
撮る側からすると絵的にも内容的にも
ドラマ的な部分を期待するものの
始まりから温度差があったご様子
のちに、この渡邊氏が観念したあたりから
ぐっとB'zとの距離が縮まり
最後にはすっかりB'zのペースとなり
渡邊氏はB'zファンとなってしまうのでした
その距離の縮まり方が私的には1番ドラマチックでしたw

☆9.17.12 ライブ当日 SAN FRANCISCO, CA☆

写真-107.jpg

会場入りして稲たんはストレッチ
稲 : ちょっと食べてリハのあとになんか少し軽くでいいよ

本番前は(本番の後も)ほとんど食べない稲葉浩志
でも20周年のNHKドキュメントほどストイック推しな画像ではなくて
やっぱり安心しました
加湿器はあったものの
INABA'Sルームはドアはあけっぱなしだし
吸入シーンも今回はなし

で、本番前のリハ映像
私の大好きなMOTEL♡
しかも...._/乙(、ン、)_

写真-110.jpg

はぅ♡
か、かっこかわいい_/乙(、ン、)_
パーカーの袖を伸ばしてぎゅっする姿
「サンフランシスコは寒かった」
会報でも何回も言ってましたね
MOTEL歌いながらのこのポーズ
瞬殺されたヲタは数えきれなかったはずです

2人からの初日にむけてスタッフへメッセージ
その後楽屋ではTMGのエリック、ジャックと松本さんが仲良く談笑
っていうか、この2人TMGやりたくて仕方ないオーラ全開w
稲たんは楽屋でひとり静かにセットリストを眺めています

でもほんと直近になると発声練習開始
すごい本番モードの発声をしながら
狭い楽屋の中をうろうろと檻の中の獣のように落ち着かない様子
気合いを入れていよいよステージ裏へ
観客側の私達も毎回オープニング前の緊張感とかソワソワ感とか
ハンパない落ち着きのなさが襲撃してきますが
ヤル方の稲たんも毎回こんな風に落ち着きなく
でもだんだんと登り詰めて
OPのSE聴きながら裏で一緒に歌っているのね(´.-`)

写真-101.jpg

ここまで踏み込んだ直近映像は初めてだったので
胸が熱くなりました
WOWOWさんGJです

☆ライブ後の初日打ち上げ☆

メンバーはSUSHI でお食事
稲たんは、ホテルのルームサービスでぼっち飯

実はこれ違う日だったそうですが
演出的に対比させていましたね
そーでもしないとなんか絵的に盛り上がらないからかな?w

写真-121.jpg

何故かBGMはOCEAN
ホテルのお部屋のドアがゆっくり開いて
どっきりの寝起きみたいにいきなり感が出ていましたw
(これも演出ってわかっているけど)
ライブ終わってシャワーでも浴びて
部屋着に着替えてすっぴん、髪もボサボサ生乾き風
それでもこの穏やかゆるゆるな空気感プラス美しさはなんぞや?
「それはsayoさんがイタイ稲ヲタだからですよ」
ハイ、そのとおりですが!何か?←逆ギレっ

探偵の眼差しで隅々チェックしましたとも!

稲たん一人ルームサービスメニュー
(室温25℃ 湿度55)

ミネストローネ
シーザーサラダ
ベビーキャロット&ブロッコリーのソテー
鶏の胸肉のグリル
ベイクドビーンズ(?)
フルーツ盛り合わせ

完璧なアスリートメニュー(´Д` )
しかもこんなけも食べられるはずが無い

稲 : 天気予報見ながらボーッと 気が楽だったりする

ほらまたキタ!
いきなりアイドルムービーのような自転車シーンの投入(*´ω`*)

写真-124.jpg

映像がキラキラしています

☆趣味のサーフィンについて☆

LAで仕事している時に午後から仕事だと暇
シェーンがサーフィン直ぐ近くで出来るからやってみよーよ♪
誘ってもらって行ったのが結構前
それが初めて。
カリフォルニアの冷たい海でスタートしたのでw
(薄笑い浮かべながら)水は本当に冷たいですね!
アルカトラスのサンフランシスコの刑務所で
脱獄した人が泳げないって言うのが
なんだかわかるような気がしますね←穏やか知的ネタ(笑)

☆9.18. 12 ライブ前日空港☆
バンドのみんなが揃って移動
シェーンは二日酔い気味w
ジミヘンの命日という事でみんなでお墓参り

順々に一人ずつ献花する
ここでも.....

写真-103.jpg

ボスが合掌しているというのに
稲たん安定のわかっていない表情
ここでも弟キャラ全開です
稲たんのお花だけがピンクのガーベラで可愛かったの♡

☆9.19.12 ライブ当日SEATTLE, WA☆

稲葉浩志の魅力について

Barry Sparks
Koshiは最高のフロントマンだよ
凄いよ、走りながら歌えるなんて

大賀好修
たぶんあの声ひとつで僕はもういっつも動かされているというか
本当に常にエネルギーを前面に見に来ている人達に出していて
見ていたら自分も勇気がわいてくる声と
背中を見ていても最高にかっこいい人ですね

Shane Gaalaas
コーシは人間の良いものを沢山持っている
本物の人間とでもいうのか
知的で独特の世界観を持っているよね
僕もそうなりたいと思うよ ハハハ

増田隆宣
稲葉君はそういう意味では弟的なところがありますけど
皆さんが言うようにすごく自分に厳しいというかストイックを
絵に描いたような人だと思いますね

BGMにはJuiceの掛け合いのシーンが映し出されていて
メンバーのコメントを聞くうちに
その稲葉浩志の絵が更に艶っぽくて力強くて頼もしく見える不思議
中でもさすが親友のシェーンのコメントが印象的且つ的を得ていると感じました

よくサイボーグ人間か?と強火の稲ヲタからも称される彼の魅力
シェーンが「本物の人間とでもいうのか」とあえて形容したように
愛し抜けるポイントが沢山あって
同時に尊敬と敬愛と慈愛の念が泉のように湧き出てしまう
ゆるさと厳しさと優しさの詰まった
絶妙なギャップバランスが取れた稀な人だと私も思います♡

☆9.20.12シアトル→230kmバンクーバーまで3時間の移動☆

Q、お互いの第一印象について

松本 : 大人しい感じ。あんなステージでシャウトするようには見えなかった
彼ならやれるかな?そんな感じはありました
今ほどのスタイルは想像出来なかった

稲葉 : 成功したバンドとの仕事いっぱい彼がやっていたこともあってその空気を体感していた
それを自分のでやってみるっていうことだったと思う
意志の強い、明確なビジョンの強さが凄い印象に残った
こーして、こーして、こーしたいみたいな事をいきなり言っていた
僕が入れば成功する確証は無いんで
その辺はギャンブルだったんじゃないですか?

25年経っても2人の第一印象から現在に至るまで
見事なまでに2人の役割分担というか
絶妙な上下関係は成立しています
これには訳があって
私の単なる決めつけかもしれませんが
冒頭のインタビューで稲葉さんが話した
実兄の存在が大きく関わってきています
稲葉さんにとって「4つ上の兄貴」は絶対的存在で
自分に洋楽を教えてくれた
いわば音楽の世界の入り口だった訳です

4つ上の兄貴がいない時にこっそりLP盤のレコードを聴いて
すげーーーーっとシビれていた4つ下の弟(´.-`)
見つからないようにこっそり元に戻したレコード
でも、必ず4つ上の兄貴に見つかってしばかれるw
このエピソードは主にラジオ等で今でも必ず稲葉浩志が話す自虐ネタなのです
と、同時に4つ上の兄貴を絶対(的)リスペクト
そんな兄貴の影響を身に染みて感じていた稲たんですから
兄貴と同い年の松本さんに絶対(的)リスペクトを感じたのは
とてもナチュラルな流れであったはずです

逆に松本さんの方が後に「人生最大のみっけもん」と稲葉浩志を例える事に
それはやっぱり2人の相性が相乗効果でヨクなる相性だったからでしょうね

☆稲葉浩志お誕生日会☆

あんな美味しいイタリアンがバンクーバーにあったのか
と稲葉さんに言わしめたイタリアンのお店にて

最初席についてみんなで乾杯する時は

稲 : 25周年めに入った。それはスバラシイ!イェーーイ!!カンパイ♪
稲 : 素晴らしい25年めに カンパーイ!!
お祝いのシャンパングラスを掲げて楽しそう

RHのニット帽をかぶっているから
小さいお顔が強調されてかわいいのなんのってo(≧▽≦)o

写真-123.jpg

でも急にバースデーケーキが登場して
ちょいと酔いも回り出したし
なんかぽわぽわのお顔で眠いのか?
照れくさいのか?
急に居場所をなくした小動物ちゃんのようにw
こんなに祝ってもらっているのにテンション低い人初めて見たかも?w

写真-119.jpg

メンバー : Happy Birthday Dear Koshi♪ Happy Birthday to you♪
ちょっとびっくりしたんですけど、ボスがハモってましたw

稲 : 入刀しちゃっていいの? (気がつけばニット帽のRHのロゴがずれてるw)
稲 : 美味しい♪ ありがとうございまーす

両隣のボスと大賀さんは半袖Tシャツ1枚なのに
稲たんはニット帽にライダースw
(どんだけ、寒がりさんなんだw)

照れくさいのかきょどるしw
頂いたカードを見て微笑み出すし
ブレゼント開けて中から出てきたグローブ見て
稲 : あらま、かわいい♪ ←あなた何処かの若奥様ですか?( ´艸`)

でも、テンションアップの瞬間がありましたね
バンドからのプレゼントがiPhone5だと分かった瞬間

写真-120.jpg

稲 : おぉーーー!と言ってお目目全開

増田さんの「本当に色んなバンドを見てきたけれど、2人は特殊だよ、すごいよね。」(会報より)
この言葉がすべてだなぁって思いました
だって、1番近くでずっと見てきた増田さんの言葉ですもの
増田さんも「4つ上の兄貴」と同い年なんですよねー


☆再びロスのスタジオでインタビュー☆

松本 : 1番最初から僕ははっきりしていて
とにかくヒットするバンドを作りたい
2人にしたのもそういうところがあった
バンドやっているヤツは自我の強いヤツの集まり
4人も5人もいるとうるさくて仕方ない
メロディが降りてくる時がここ数年ある
ずっと昔から変わらないのは
自分の胸にグッとくるメロディーを心がけている
グラミー賞はずっと昔からり自分の中で夢の1つとしてあった
50までに取りたいと思ってた
49でギリギリ間に合った

松本さんってビジョンのはっきりしている人なんだなぁって再認識
流石ボス!気遣いも出来るし年々渋さと可愛らしさが加速しています

続いて稲葉さん

P : 血液型は何型ですか?
稲 : AB型です
P : 松本さん何型?
(ここで不思議に思いました。いつも稲たんの時は一問一答形式で松本さんのことを聞かれるんですw)
稲 : 昔、Aって言ってたんですけど
TV局の楽屋かなんかでちょっとショッキングな事が分かったんだけど.....
人間ドックかなんかで血液型の覧見たらOって書いてあったっていう....
その時に初めてわかって
それからすっかりO型っぽい感じにw

P : こんなになると思っていましたか? B'zは
稲 : バンドのスケール的には当然思っていないですね
P : 初めからそういう声だったんですか?
稲 : B'zで活動はじめてから、特にLIVEをはじめてそれをずっと続けて行く中で
出来上がった声というか、あとスタイルですよね。
楽なスタイルじゃないんで
そこはちょっと辛いとこではありますけど
なんか形がちょっと変みたいですヨ。ボク
(喉をおさえる)
稲 : B'zの場合は、曲が基本的に先なんで
曲からイメージをわかせて作ることも結構多いですね

P : 松本さんの方からこんなイメージの詞をとかは?
稲 : たまーーーーーにありますよね。何年かに1回ぐらい
僕が詞をつけてってそれを音楽と一緒にアジャストっというか
アレンジしていって歓声させるんですけど

稲 : 本当はコトバが少なくて いっぱい伝えられるものが書きたいんですけどやっぱり

最後の言葉が凄く私の心に響きました
顔は笑っているけど
もがいている姿が目に浮かんで
まだまだ狭き道を進み続けるのでしょうね
この人は♡

Splash LA配信映像フルで流れる


☆9. 25. 12 トロントへ移動 機内のB'z☆

もう萌えポイント満載の稲たん_/乙(、ン、)_
機内でのいきなりのインタビューが始る訳なのですが
もちろんすっぴん、髪ボサボサ、私服くつろぎモード
窓際に座る稲たんがほんっとナチュラルで美しく
おまけに仕草のひとつひとつがいちいち知的で見とれる程でした

P : 西を3つやってどんな感想?
稲 : 会場ちょっと大きくなったりして前回より
で、決してSold Outじゃなかったりするところあるじゃないですか?
あと、人が全然いない空間があったりとか
何か....そこに向かってやる訳ですよねー

P : すみません、その「空間」っていうのは、用はお客がいないってことでしょ?
稲 : そうです、そうです、そうです、ハイ。
それがですね、結構楽しいっていうと変ですけど何かこう
また今までにないモチベーションというのが出てきますね

出た!稲葉浩志の反逆精神!
この人アウェイ感大好きですよねw ドMとも言いますが.....
今までに無いモチベーションというのは興奮とイコールなんだろうなぁ.....

写真-104.jpg

すっぴん、ドアップ、デジタル放送に耐えられる美貌の48歳

続いて松本さんへ

P : お二人を見ていると もう いっつも同じスタンスのまんま着ているから何処を切っても同じ?
僕が今までに知り合ってるアーティストの中では全く違う人種のアーティストだっていう
テレビの作り手としてはホントに作り手泣かせだと思う

松 : 画的に劇的なのはあまりないですからね。ぼくらは
結局面白くないのかも知れませんね?w

この頃からプロデューサーの焦りが見えて
一般の人が勝手に作り上げている「B'zのベールなるもの」を探すも
撃沈続きの焦り
でも、このプロデューサーの本音でぶつかる体当たりなインタビューが
2人の心に安心感を与え
だんだんと撮る側と撮られる側の
距離が縮まる感じがしました

☆ 9.26.12 ライブ当日TORONTO,ON ☆

トロントの楽屋ではいきなりのサービスショット
あまりにいきなり脱ぎ出したので
心の準備(なんの準備だ?)が出来ていなくてびっくりしつつも
しっかり背中の稲龍を拝む

写真-106.jpg

贅肉ZERO
背中まで筋肉がこぶをなすように綺麗な曲線
ウエストは細く美しい逆三角形
そして女性なら誰もがその二の腕に包まれたいとねがう
二の腕の美しい曲線美
そうなんです、稲葉浩志は細マッチョではなく
『華奢グラマー』なのです☆

でもって、内面はとっても、とっても謙虚な人なのです

稲 : コアなファンもいて、まぁ、友達に連れて来てもらった人達もいて
で「まぁ、ちょっとみてみようかな?」っていう人達とか
その目の前にいる人達全部が自分たちに興味ある訳じゃないみたいな所も感じる訳です
それが凄く良いモチベーションになるっていうか本番中のね

ソロワークスenIIの時も同じようなMCを言ってましたよねw
こういう負けず嫌いなモチベーション
謙虚さにプラスされてステージ上で起爆剤となるんだろうなぁ

BLOWIN'が流れる中
本番終了後すぐのインタビュー

当然のように楽屋で待機しているプロデューサーの渡邊さんを見つけて
稲 : 自然にいますね....
だんだんB'z色に染まる渡邊さんw

P : 今日はしょっぱなから飛ばしていましたねー←(なんか嬉しそうw)

B'zの2人も本番終演後なのに嫌な顔するどころか
とっても素のままのトークでご機嫌な様子
私達B'zファンは意外にもドラマチックな絵を期待しているのではなく
「素の2人」を観たいのです
ドラマチックな絵はLIVE-GYMで観れますから
テレビの作り手が期待する絵と
ヲタが期待する絵は違う

これ大事なことなんですよね

TAK MATSUMOTO(ボス)の魅力について

シェーン
TAKは真面目でノリが良くて、すばらしい人。いつも周りに気をつかう人。

バリー
TAKは僕の大好きなギタリスト達を1つにしたようなミュージシャン。
メロディが良いから思わず口ずさんでしまう
人間的にもステキだから大好きだ

増田さん
僕は喧嘩ばっかりしていました
それがあったからこその今だと思っています
長くつきあってゆける友人。同い年ですから

大賀さん
松本さんは僕みたいなファンにもフランクにつきあってくれる
一緒に弾かして頂く時は、もういっつも見とれていますよ

☆9. 28. 12 ライブ当日 SILVER SPRING, MD☆

綺麗な楽屋で発声練習をする稲葉浩志の元に
遠くからカメラが侵入
緊張感一杯のピリッとした本番の顔になっている
ストレッチしたり
発声したり
前説の人がいいねーとモニターでチェックしたり
やっぱり落ち着きが無いw

終演後、ロイヤルブルーの壁にサインを書かせてもらうことに
なんだかとっても嬉しそう♪

☆New Yorkへ移動、セレブ稲たん☆

まずはご覧下さい

写真-100.jpg

ほらっ!また超かっこいい
これぞロッカースタイルと言いきっていいです
海外セレブのお手本のようなスタイリング
ハードなアイテムで固めているのに
穏やか知的オーラがハードさを緩和させ
スタイルの良さを際立たせるタイトなコーデに
わたくしデレデレになりました(*´ω`*)

もう私服LIVE-GYMやりましょうよ♪
それがNGならファッション誌で特集やりましょう♡
私物公開大好物です!

☆NEW YORK 9.29.12 ライブ前日屋上インタビュー☆

また来たよ♡
美人さん稲たん

写真-98.jpg

綺麗な景色を褒めながら
2人椅子に着席する

質問の内容はお馴染みのものばかりでした

B'zの由来、エイズという表現はしない稲葉さん
B'zの発音はビ↑ーズでもビ→ーズでもどっちでもいいです
2人の役割分担
稲 : ファジーなラインがぐにゃぐにゃしてる←もはや凡人には意味不明w

松 : 一回ふたりだけで飯食ったことあるよな?
稲 : 一回ってすごい少ないでしょ(笑)

マジうけして美人さんがバカ笑いする
きょとん顔も見せたり

写真-97.jpg

質問の内容は定番ばかりでしたが
すでに密着スタッフとの距離が縮まりきっている証明かのごとく
表情が非常に柔らかくて自然なのが嬉しかったです

1990年のニューヨーク訪問時の写真、エピソード
P : ファン的に見たら気難しい人ってイメージがある?
稲 : 思われているかもしんないですね
露出が少ないからTVとかでもあんまり喋らないし
トークが得意だったらいいんですけど←声うらがえってたw

松 : 音楽番組がトーク主体になった。25年やってきたけど居場所は見つけられなかった。
どうしていいか分からない(笑)

稲 : Easy Come Easy Goは25年前にニューヨークで作った曲。
25年越しに初めてニューヨークで演奏する
一緒のタイミングでスタバのコーヒーを飲むふたり

写真-99.jpg

そーかと思えばボスが話しているのに
安定の一人の世界に入り込む稲葉浩志
人の話を聞かないw
いいぞ、いいぞ、その無意識の世界こそが
最先端で加速中の証 (笑)

撮られている事忘れているかのごとく
色んな表情みせてくれました

写真-114.jpg

きゃわいいーんo(≧▽≦)o

☆9.30.12 ライブ当日 NEW YORK☆

感動のMCの後 Easy Come Easy Goを披露

☆ 10.1.12 ライブ翌日のCentral Park☆

稲 : 天気サイコー 素晴らしいですね10月のニューヨーク
夏が終わって涼しくなってくる頃が好き

写真-117.jpg

P : どんなこと考えて走っています?

稲 : 何も考えていないです
身体が疲れてくると、考えていく余裕がなくなってきて
本番の前を逆算していくと一応本番が集中力、体力のピークになっていくんで
その前になかなかこういう時間ってツアー中になると持てないんです

すっごい気持ちいいですねー(心からの柔らかいスマイル)

写真-118.jpg


☆10,7,12 ライブ当日 LOS ANGELES,CA☆

M&Gの映像の後
Into Free -Dangan-がフルで流れました

そしてライブ直後のインタビューが
ボスの赤い楽屋にて

松 : 単純に本数が多いのと、移動が長かったんで
でまぁ東の方とか経験したことない所でやれたんで良かったです

稲 : 日本でももちろんやってますけど、このぐらいの移動の疲れた感じで
まわってた訳じゃないですか?昔。
懐かしくて、新しい感じがちょっと、たぶんもう少しあとになるとよく分かる

目をキラキラさせて子供のようにボスを見ながら話す稲たん
それをうん、うん、うんと頷きながら満面の笑みで受け止めるボス

写真-96.jpg

こんな表情を間近で見せつけられちゃったら
んもー♡確実にメロメロになっちゃいますよね_/乙(、ン、)_

このインタビューの後稲たんは渡邊さんを探し
稲 : (終わりかと思うと)淋しいなぁ〜と駆け寄る
P : (稲たんの手を取って)いやー、武道館観に行きますよ!

もうすっかり心持って行かれた渡邊さん
ってか稲たんが甘え上手なんでしょうね( ´艸`)

☆10.8.12 ライブ翌日車の中☆

P : 昨日なんか食事しました?
松 : 帰ってワイン飲んで寝よーかな?って思ったら
スタッフが何人かうちに来て
稲 : 鍋が用意されていたんで、キムチ鍋が
パーティというか食事会みたいな地味だよね!
でも楽しかった♪

地味って、車の中のアナタめちゃくちゃ華あるんですけどぉw

写真-95.jpg

某所で祭りと化した「おっぱいシートベルト事件」(笑)

この後、ビーパのカレンダー用撮影シーンが流れました
例のスポットの段階でヲタが悶絶したハンバーガーシーンもね

写真-115.jpg

松 : 僕らは僕らの形でバンドをやっていく
稲 : 言わなくてもわかっているってことが人の想像以上に多いと思う
言わなくてもわかるという所でこうお互いにコミュニケーションとってる
感じはしますけどネ

P : これからのB'zってどうなっていくんですか?

松 : やり続けることは同じだから今まで何回やったか
わからないけど例えば1000回超えたらまた、違うもんが見えるかもしんないし

稲 : 今までやってきた中で、続けていたからまぁ経験出来たことが凄くいっぱいあるんで
この先も何年めに何がおきるかわかんないですけど
何か起きる準備はしておくというか
それはやっぱり1回ごととか、1日ごととか
ワンショーごととか、それをしっかりやっていかないとどーしようもないんで

P : これからもずっと?

松 : 音楽一筋なんで、本当に音楽バカというか
他いっさい無いですよねー
そこは非常に良かったと思いますね


最後の最後にとっても親近感のあるポーズで決めてくれました

写真-105.jpg


人それぞれ番組への期待や見方は違うと思うけれど
私は今回、撮る側が求めていたものが
撮られる側のあまりにナチュラルな逆の意味のギャップに翻弄されて
ステージの上でもオフの時間でも
2人の完成された役割分担みたいなものと
徹底したプロ意識に染まって行く様がなんとも面白かったです

撮る側の愛情というものが
一瞬投入映像の中に隠れています
それはちょっとした粋な計らいだったり♪

それを何度も観るうちに
じわじわっと観る側に伝わってくるのです
撮る側
撮られる側
観る側

結局それは生身の人が作り感じ受け取るものなんですよね

タイトルの『Only Two』とは
言わなくても分かっていることが人の想像以上に多いから

きっとそれはふたりだけにしか踏み込めない世界

WOWOWさん、素敵な番組をありがとうございました☆
そして、こーーーーんなにも無駄に長いレポートに
おつきあい下さった貴方にも
心から感謝です[揺れるハート]

読むの疲れたでしょ?
いつもありがとうございます!
お疲れさまでした♡


nice!(4)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

指先の楽しみ 1月 [美容&健康]

2013年最初のネイル
潔さを出したいと
去年から思っていました

そして仕上がったのがこちら

RIMG2703.jpg

ネイリストさんの試験に出てきそうな
基本中の基本
白のフレンチネイル(しかもライン無し)

新しい年を迎えるにあたって
「初心忘れるべからず」の精神を年頭に誓い
でも、「ねがい」を添える事も忘れたくなかったので
一度やってみたかった3Dストーンを乗せました
もちろん、☆型です

RIMG2708.jpg

凄く厚みがあるので
爪の上にアクリルの土台を作ってストーンをON
もちろん仕上げのトップコートを塗っていますが
突起しているので、ネイルジュエリー感覚ですね
画像だと分かりにくいかな?

多少ひっかかりますがw
それはそれは輝きが美しく
動く度にキランキラン[ぴかぴか(新しい)]
このヒカリは大切にしなくてはと
指輪等のアクセサリーはつけずに楽しんでいます
左手は薬指と親指に
右手は中指と親指に

親指はこんな感じです

RIMG2717.jpg

ちょっと流れ星的に見せたかったので
☆の横に一粒と反対側には3粒スワロを乗せました
色はほんのりゴールドとほんのりグレーの粒を
微妙に大→小に粒の大きさを流れ星の筋に見立ててみました

久しぶりのホワイトフレンチ
積もった雪のようにも見えて
やっぱり清潔感が大切な指先
同性にも異性にもホワイトフレンチは好評です

3Dストーンはハートリボン、星、雫、他にも色々ありました
1番人気はハートだそうですよ
甘めがお好きな方にはぴったりハマりますよね♪

初心忘れるべからず
潔い心を忘れる事なく
2013年は襟を正して
丁寧に過ごしていきたいです




nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

巻物大好き♪ [ファッション]

寒い日も暑い日も私は巻物が大好きです
巻物といってもお寿司の巻物ではなくて...
(まぁ、お寿司の巻物も好きですがw)
首に巻く巻物です

ストール、マフラー、ネックウォーマー
色んな言い方がありますが
なんか、巻物って言っちゃう私です

過去にもこことかこっちとかで
熱く語っていますね(^^;;)

で、去年から寒い日が続いて
年々セールのお知らせも前倒しの昨今
この冬に仲間入りしたヘビロテ3点を
ご紹介したいと思います
限りなく自己満足の記事ですので
興味のあるかただけおつきあいくださいね

まずトップバッターはこちら

写真-92.jpg

薄手のカシミアのストールで
軽さと音符♪刺繍の楽しさに惹かれて購入しました
ブランドはFaliero Sarti
軽いのに超温かくて、しかも射し色の音符刺繍にひと目惚れ
どんな服にもマッチして楽しくなるアイテムです

お次はこちら


写真-93.jpg

去年からのトレンド
ネイティブ柄に心奪われ購入(笑)
ブランドは Seagreen
実はこのブランド大注目しています
あの人が大好きなGOLDEN GOOSEと並ぶ
私の中のマイブーム

こちらのストールはラッキーにもセールで購入♡
メンズのブランドなのですが
スリムなサイジングと上品なビンテージ加工が売りの
アメリカンカジュアルなので
パーカーなどは1番小さいサイズだと女性でもOKです

前回ご紹介したAcneのニットロングコートと合わせたり
レザージャケットやPコートなどの首もとにくるくるっと巻くだけで
色目が赤なのでぽかぽかとした気分になりまし
顔映りも華やかになるので大好きなアイテムです
スリムなサイジングなので
きっと、似合うだろうなぁ。。。(誰がぁ)

さて最後に女性らしい巻物を
ファーなんですけど
ただものではありませんw

写真-94.jpg

なんとっ、ファーのネックウェーマーです
BARNEYS NYのセールで見つけて即買い
これ、超すぐれものなんです!
手にとってみると軽いのに美しいボリューム
裏返すとネット状のゴムになっています
そうです、伸びるのです
早速つけてみるとぴったり首にフィトしてくれます
チクチク感もゼロ
絶妙なフィット感でかわいいです☆
頭にヘアバンドとして使ってもOkayらしく
ちょっと勇気いりますがw
耳がちぎれそうな極寒ではイヤーマフとして使えます
有りそうで無かったアイテムですよね

また色も優しいベージュピンク
これが又レフ板効果で顔映りを明るくキープ(ここ大事)
パーカーに合わせるとぐっと女性らしくラグジュアリーにもしてくれます

首周りが温かくて明るいと
なんだか気持ちまで軽くポカポカしますよね
風邪対策にもなりますし
何より私のお洒落のポイントとして
かかせないアイテムです

まだまだ寒い日が続きます
どうか皆様も温かくしてお過ごし下さいね!
おつきあい、ありがとうございました[かわいい]



nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

B'z 2013 NEW YEAR メッセージ [B'z]

B'z オフィシャルファンクラブにて
毎年恒例のメンバーからのNEW YEARメッセージが
元旦に公開されます

今年もカウントダウン後にアクセスが殺到して
重い重いっ
でも、今年からなのかしら?
スマホからも観る事が出来る用に改善されたようで
スムーズに観る事が出来ました
手のひらの中から稲葉さんの声が....

あの低音のおしゃべり声だけでも萌える私なのでした_/乙(、ン、)_
もう三が日も終わるので
ネタバレですが隠さずこのまま記事に残しますね

って事で書きおこし&衣装情報も最後に
知りたくない方は、ここでさよならしてくださいませ〜






ではではまいります

写真-80.jpg

稲 : 皆さん新年明けまして
稲&松 : おめでとうございます!
稲 : 2013年がいよいよスタートしましたね
松 : ハイ

写真-79.jpg

稲 : 昨年2012年は まずGO FOR IT,BABY これをシングルとして
リリース致しまして、それからアルバムもね?
松 : ハイ
稲 : リリースしましたよね? Strings of my soul
松 : ありがとうございます

稲葉さんは、松本さんに気を使うかのごとく毎度の事なのですが
チラチラっと松本さんの方に首を向けて伺う様子が弟キャラで
それはそれは可愛らしいのです

稲 : そして北米ツアーですか? 北米7箇所かな? まわりましたけども
松 : 楽しかったですよね。凄くネー
稲 : 来ていただいた方もいらっしゃると思いますけど
非常に色んなものを得るツアーだったと思います
そして、まぁ2013年ですけども
ちょうどネ 2012年の9月から25周年イヤー突入みたいなことで
いよいよその本編のような年が始った訳です
けども皆さんご存知のように過去のLIVE-GYMのDVDを
立て続けにですね
松 : そーなんですよ

写真-78.jpg

舌ペロリもカワイイ稲たん
メッセージも佳境に入り2人の距離も縮まるw

稲 : ACTION?
松 : ハイ
稲 : それから? CIRCLE OF ROCK
松 : サークルッ
稲 : それから? (松本さんに先生チックに質問するw)

写真-77.jpg

松本さん.....すぐさま出てこない
稲葉さんはしてやったり顔で間を楽しむw
必死で笑いをかみ殺しながらひねり出すように

写真-76.jpg

松 : いいい、いれぶぅん!
稲 : yah!素晴らしい!!
この3作をですね、短い期間にトン!トン!トン!と
出す予定になっております

     ↓↓トン!トン!トン!の時の顔かわいい

写真-75.jpg

稲 : 25周年という事でそれだけでは終わらないと思いますけど
まずはそのDVDを観て頂いてですね
今年皆さんと生でお逢い出来るのをお互いに楽しみに
して頂けたらと思います!
今年も宜しくお願いします
松 : 宜しくお願い致します

写真-74.jpg

稲葉さんの方が一瞬早くお辞儀したので
先に頭が上がってからのドヤ顔w

写真-73.jpg

フェイドアウトするまでの間が私好きなんですど
ニコニコする訳でもなく
口角を片方だけ少し上げて
薄く微笑む顔にキュンときます(キモくてすみませんっ)
そして安定のお手て股挟みw

この仕草って甘えん坊さんがするそうなんですって
情報下さった繭香さんありがとう(*´ω`*)

さてさて、ここからは私の感想書きます
室内での撮影
のちに書きますが衣装は私服のようです
とてもリラックスされた感じだし
椅子の感じからしてかな?
どこかのホテルの結婚式のウェイティングのお部屋みたいです

ってことは?
Mステスーパーライブの時かしら?
稲葉さんの髪の長さや色もそんな感じに見えます
松本さんのサングラスもね

で、私服っぽい衣装はこちらです

写真-83.jpg

WOWOWで2着お披露目したライダースと同じブランド
GOLDEN GOOSEでした♪
稲葉さんのは、照明の加減でグリーンっぽく映っていますが
松本さんが黒なのでやっぱりグレイがかった黒?のように見えます

違う画像もあったので

写真-82.jpg

こちらはカウレザー
ソフトなレザーの質感とスタッズが
オールドアメリカンの雰囲気かもしだすライダースジャケットです

ちなみに先日のWOWOWでのダブルのライダースは
シープレザー。ビンテージウォッシュ加工仕上げでしたね
似てるけど質感も素材も違うし
微妙に色合いも違うダブルのライダース
座っていても身体にピッタリのサイズ感で
本当にライダースが似合う人です(´.-`)

で、インナーには安定のボーダーチラ見せw
これはもう私服間違い無しです!

GOLDEN GOOSEは実はイケてるブランドで
私もスニーカーですけど偶然持っていたので
WOWOW観た時はめちゃくちゃニンマリしてしまいました( ´艸`)

必要のない情報ですけど
私のスニーカーですw

写真-85.jpg

シルバーにベージュ色のボア
★のパッチワーク
ファスナーで開閉
ファスナー部分に「GOLDEN」って書いてあるんですけど
稲葉さんのライダースのファスナーにも書いてあるのかなぁとか
ちっちゃな事に萌えてしまうアホな私です

すみませんっ
お話が脱線しちゃいましたね
まずはトン!トン!トン!と出るDVDでLIVE-GYMへの
飢餓感を増長させた挙げ句
4月の会報かな?
それとも新聞告知?
桜前線が届く頃に25周年アニバーサリーツアーの全貌が
見えてきそうな前振りNEW YEARメッセージでしたね☆

先日のMステ スーパーライブ後に
新規ファンクラブ会員の方が増えたり
休眠期間の方が復活されたりと
益々チケットが取りにくくなりそうですが.....

それもふくめて
皆さんと25周年の喜びを分かち合いたいです

最後にお重に入った稲たんおせち(笑)
投下してこの記事を締めくくりたいと思います
長文記事におつきあい下さりありがとうございました!

写真-84.jpg



nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

笑門来福 [ブログ]

皆様、明けましておめでとうございます[ぴかぴか(新しい)]

新しい年を迎え
気持ちも新たに
肩の力を抜いて
笑顔を重ねていけば
なんだか嬉しいことが
舞い込んできてくれる

元旦の朝にそんな気持ちで目が覚めました
毎年、それなりにおせち料理を作って
家族で新年のお祝いをするのですが
今年は去年の暮れに色々と多忙だったので
神戸に出来たごenもあって
DEAN&DELUCA さんのおせち料理を
楽しむ元旦の朝となりました

楽ちんさせてもらった上に
とっても楽しみでいっぱい

大晦日にお店まで取りに行きました

DSC01029.jpg

箱をウキウキ開けると
噂の純白の三段重が登場

壱の重

DSC01050.jpg

弐の重

DSC01033-1.jpg

参の重

DSC01041.jpg

ワインで乾杯したのですが
どれもこれも本当にワインに合うお味
優しいお味つけで
素材の良さや香りをひきたてるために
薄味で盛りつけも上品でした

DSC01039.jpg

ロゼ色の米沢牛のローストビーフは
リアルソルトで頂きます
これがまた美味しいのなんのって

DSC01038.jpg

この彩りが綺麗な野菜と海老のグリル
このお料理大好きで
自分でも作るのですが
グリルにすると香ばしくてたまらないですよね
香草のディルが入ったマヨネーズがまたまた美味しすぎです

DSC01035.jpg

弐の重の彩りがたまらなく美しくて
手前の加賀野菜高農園の人参ムース 生雲丹添えが
悶絶するほど美味しかったです

白みそ仕立てのお雑煮と
鯛だけお家で焼きました
あー。楽ちん

DSC01059-1.jpg

食べるのに夢中でほとんどお写真撮っていない(--;;)
でもね、このランチョンマットとお箸袋可愛いと思いませんか?
去年12月に京都へ紅葉を見に行った時に買ったのです
毎年仲のよいお友達に配らせてもらっています
お正月ってどこのお宅も祝い箸をご準備されると思うのですが
急な来客とかあったり
いくつあっても困らない必需品

DSC01043.jpg
DSC01044-1.jpg

京からかみさんの
4人分の迎春用紅白のランチョンマットセットです
毎年違うので気になる方は来年チェックしてみて下さいね

お祝いを済ませて夫の実家へ午後から帰省
ゆっくり、のんびりが1番
そして笑顔が集まるのが1番

笑う門には福来る
どうぞ今年も宜しくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ

写真-72.jpg

ニナミカアプリにて

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。