So-net無料ブログ作成
検索選択

狭き道を進め [稲葉浩志]

すでに某所で呟いた事なのですが
とても心にぐっときた出来事なので
記事として残すことにしました

WOWOWの『Only Two』を観ていて
ふと気づいたこのシーン
これが後に点が線へと繋がる糸口になりました
そのシーンがこちら

koshi001.jpg

なんて事はない稲葉さんの私物の
クロムハーツのバッグとギター
いつもの癖でガン見する私 (笑)
あれー?
なんか文字が書いてあるなぁ〜
そう思っていました

すると同時期にいつもブログに遊びに来て下さる
私の大好きな稲ヲタさんの“さなさん”が
同じように「なんか書いてある」と呟いていて( ´艸`)
気づくタイミングもポイントも一緒な所が嬉しくて
私の探偵スイッチがON

よくよくチェックしてみると
『..... THE NARROW GATE』の文字
ああああっ!
これはもしかしたら???

ここでもふれましたが
2012年のB'z LIVE-GYM-Into Free-EXTRAの時に着用していた
このデニムのウエスタンシャツへとリンク

koshi002.jpg

背中に白でペイントされていたコレです

koshi005.jpg

当時の記事を読んだら
「Enter by the narrow gate」と解読していて
直訳すると「狭き門を行け」的な意味合いです
でも、私の中でわざわざ何故この言葉をチョイスして
デニムシャツの背中にペイントしたのか?
当時からモヤモヤしたものがあったのです

私の汚い文字のライブメモには
「背中文字 なぜ? どこかでみた気がする 」
と走り書きしてあったのですが
調べることなくそのままにしてありました←ヲイ!

でも、今回クロムハーツのバッグの文字を見て
これは何か意味があるな?と思い
自分なりに調べてみました

クロムハーツのこのバッグは
ソフトショルダーバッグ セメタリークロスパッチ ブラックレザー
という商品なのですが
新品にはもちろん文字は書かれていませんでした
つまり稲葉さんが文字をカスタマイズオーダー

「ENTER BY THE NARROW GATE」

そこまでするこの言葉の意味は?
無性に知りたくなり色々調べてみました
そして私の目に止まった意味合いは....

聖書にも出てくる言葉で
『楽な道を進むのではなく苦労を覚悟して狭き道を進め』
あーなんたるストイック稲葉浩志(⊃ω⊂).。.:*・゜

WOWOWを見ていると当たり前かもしれませんが
とってもこのバッグを大切に肌身離さず
いつも常に自分の側に置いている彼
ラージサイズのこのバッグには
歌詞を書くノートや喉のケアのグッズ
愛読本、iPad等大事なものが入っているはず
バッグを常に開けたり閉じたりする度に目に触れる場所に
この言葉を印字するなんて.....

胸がぎゅっと熱くなりました

でも、何故EXTRAのライブメモに
「どこかでみた気がする」なんて書いたんだろ?
不思議に思い自分のブログを遡るうちに
アレだ!と思いつきDVDをチェックしてみました

私のモヤモヤはコレでした

koshi004.jpg

B'z LIVE-GYM 2011-C'monアリーナ公演のOPで着用していた
レザージャケットの背中の文字です
2012年の5月30日に発売された
C'monツアーのLIVE-DVDのエンドロールの中で
Brotherhootが流れますが
途中に各アリーナの開演前の気合い入れのシーンが挿入されています
そのシーンで見覚えがあった文字

『Enter ye in by the narrow gate』
を背中に背負ってます

言い方は微妙に違いますが
意味はほぼ同じ

遡る事2011年の9月17日C'mon公演初日
あの伝説の宮城公演から
稲葉浩志はこの言葉を刻み
あの頃から意識して

『楽な道を進むのではなく苦労を覚悟して狭き道を進め』

を自分に戒めていたのです

もちろん、これらすべて私の中の妄想にしかすぎない事です
ご本人の口から真実を聞いたワケでも
会報や何かの場所で公言されたワケでもないのですから

それでも、私は強く惹かれずにはいられないものを感じました
この言葉の意味があまりにも
稲葉浩志がC'monツアーの
C'mon前のロングMCで語った
音楽に対する想いに繋がります(☆MC参照)
この言葉こそが彼の生き様そのものだからです

声に出さなくとも
心に刻み
背中に背負い
英語でさりげなくしたためる
稲葉さんからの稲葉さんらしい
静かなMessage

日々色んなことがある中
私はこの言葉を自分自身に置き換えて
しっかりと受け継いで
過ごしていきたいなぁと思いました

稲葉浩志様

狭き道を進むのは
ひとりじゃとても辛いけれど
仲間がいればだいじょうぶ
心で歌を奏でれば
勇気がわきます
元気が出ます


koshi003.jpg

2011年から繋がった点と線
素敵なメッセージをARIGATO☆





nice!(5)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 30

コメントの受付は締め切りました
みわぽん

「Enter by the narrow gate」
本当に稲葉さんらしい言葉ですね。゚(゚´Д`゚)゚。
聖書からの一節との事ですが、
自然と聖書に触れる機会があったのかもしれませんね。
それにしてもsayoさんの探偵力恐るべし!
by みわぽん (2013-02-02 00:22) 

まゆ

稲葉さんには本当に教えられることばかり。
Hadouの「主人公」の歌詞に”そんな自分をこの世にささげよう”という
部分がありますが、ここを聴くといつも彼の生き方へ覚悟のようなものを
勝手に感じてしまいます。
どこまでも自分に厳しい稲葉さん。
つらく苦しい時期もたくさんあったと思いますが、年齢を重ねそれを
乗り越えてきたからこそ、今すごく穏やかでピースフルなものを
彼から感じるのかもしれません。
「Enter by the narrow gate」
いちばん人が避けて通りたい道を彼は歩いていくのでしょう。
興味深い記事を教えて頂いてsayoさんに感謝です!!

by まゆ (2013-02-02 09:15) 

玲

私もこの言葉気が付いてました。
なんて深い意味合いなのだろうと。
稲葉さんは公言せずともこの言葉を背負いながら
ストイックだからではなく一人の人間としての稲葉浩志を
改めて好きになります。
聖書は私も触れる機会もあったのでなんとなくもしや・・と思って
いましたのでこうやって記事にしていただけて感謝したい気持ちで
一杯です。

ちょっと体調が思わしくなくて辛いですがこの言葉をいつも胸に
正直に生きていきたいです。自分が背負っていかねばならない業
とでもいうのかそうなっちゃったものは仕方ないと思うしかないなと。

音楽があれば生きていける・・今辛くても長い人生頑張るしかないなと。
by 玲 (2013-02-02 14:50) 

ユージックファイター

このブログを読んですぐ思い浮かんだのは、WOWOWでの稲葉さんの作詞への思い

「本当はコトバが少なくていっぱい伝 えられるものが書きたいんですけど」

と言ってた所。

「Enter by the narrow gate」

この言葉にいろんな意味が込められてる気がしました。
僕には全く真似できませんが、こんな気持ちを持ち続けたいなと思いましたね♪
またそれを教えてくれたさよさんに感謝ですm(__)m
by ユージックファイター (2013-02-02 18:30) 

みきみに

さよさんのこの記事・・・電車の中で読んでいて、思わずうるうるきてしまいました(´;ω;`)

ACTIONのMCでもあったように、完璧に見える稲葉さんでも、もがき苦しむ時があるんですね。
辛いときこそ己を奮い立たせ前に向かって進む姿勢・・・本当に見習わなくてはならないことばかり。
同時に自分の生き方が恥ずかしくなったりもします(つд⊂)
私ももっと頑張らなくては!

やっぱりすごい人です・・・【稲葉浩志】って人は。


by みきみに (2013-02-02 19:44) 

sayo

>みわぽんさん

うぁん・゚・(ノД`;)・゚・嬉しいです
コメントありがとうございます♪

そーなんですよね〜
あまりに稲葉さんらしい言葉で
聖書からの一説ならホテルに備えてある聖書を読んで
心に響いたのでしょうか?

真相は全くもって分からないのですが
あまりに稲葉さんにぴったりな言葉なので
思わず記事に書いてしましいました
また、有言実行な所も凄いですよね
本当に人として尊敬してしまいます☆
by sayo (2013-02-02 20:23) 

sayo

>まゆさん

>Hadouの「主人公」の歌詞に”そんな自分をこの世にささげよう”という部分がありますが、ここを聴くといつも彼の生き方へ覚悟のようなものを勝手に感じてしまいます。

あー♡とってもわかります。
主人公、大好きな曲なんです(;_;)
「命を削る」かのごとく己に厳しい彼の生き様
松本さんの言葉を借りるなら
「だから彼の生活すべてがそこの為にやってるように一緒にやってる僕でもそういうふうに見える」
この言葉につきますよね

でもそれを自分からは決して公言しない姿
人からどう見られたいか?では決して無くて
自分がどうあるべきか?の精進の道なんだと思います

年齢を重ね、共に支え笑い合える仲間もいて
本当に穏やかでピースフルですよね
歌詞やLIVEパフォーマンスから常に元気をもらっていますが
生き様からも、厳しさや穏やかさを学べるなんて
それも決して押し付けないスタイルが大好きです

まゆさん、素晴らしいコメントをありがとうございました☆
by sayo (2013-02-02 20:42) 

sayo

>玲さん

玲さんもお気づきだったんですね♡
私も1つだけなら気づかなかったのですが
3つも重なると、流石に不自然な気がして
意味を調べているうちに
『楽な道を進むのではなく苦労を覚悟して狭き道を進め』
にたどりつきました

もちろん、自分自身を奮い立たせる言葉だと思うのですが
私はなでしこJAPANの澤選手の言葉を思い出しました
「苦しい時は私の背中を見なさい」
あの言葉です

人は楽な道へと流れがちです
でも苦しい時こそ試練を覚悟すれば
狭き道のむこうに見える小さな光りが誰かにとっての兆しとなる

丸で光芒の歌詞のようですが
背中に背負った言葉を思い出して欲しい
一緒に頑張ろう!
C'monツアーからの静かなるメッセージにも思えました
本当に稲葉さんらしい伝え方だと思います
by sayo (2013-02-02 21:00) 

sayo

>ユージックファイターさん

>「本当はコトバが少なくていっぱい伝えられるものが書きたいんですけど」

うわぁ!鳥肌だちましたぁ・゚・(ノД`;)・゚・
確かに、私もあの言葉1番心に突き刺さった言葉です

1つのコトバから色んな意味や世界
それぞれの解釈が出来て心に響くコトパ
凄く稲葉さんが言いたかった意味が今、ストンと落ちた気分です

ユージックファイターさん、ありがとうございます♪
やっぱり男性ならではの感じ方とか意思の疎通がありますよね!
こちらこそ感謝です☆
これからも宜しくお願い致します!
by sayo (2013-02-02 21:25) 

sayo

>みきみにさん

電車でうるうるさせちゃってごめん >(´.-`)

稲葉さんったら
浜のミサンガの時もそうでしたが
静かに、サイレントモードで色んな事を色んな角度から
教えてくれる人なんですよね

それは自分自身を奮い立たせる為にも見えますが
黙って色んな物を自ら背負って
いばらの道を歩く人

>やっぱりすごい人です・・・【稲葉浩志】って人は。

本当にそのとおりですよ!・゚・(ノД`;)・゚・
みきみにさん、いつもコメントありがとうございます!
by sayo (2013-02-02 21:34) 

クリにけ

素敵な言葉ですよね!言葉の意味はさよさんのツイから教えてもらったんですけどね(笑)
でも、「見たことがある」っていうメモに驚きました!私もDVD見てるのに全く記憶になかったです。 一体なにを見ていたんでしょうか・・・。

稲葉さんはいつも人よりも狭く険しい道を走っているイメージなのですが本人からするとまだまだなのでしょうか。本当にストイックな方ですよね! そんな稲葉さんの歌詞だかから、歌声だから心に響くのかなぁなんて思います。
仕事前にこのブログを読んだので、少し意識を変えて仕事に取り組めました!素敵なブログをいつもありがとうございます☆
by クリにけ (2013-02-02 22:19) 

つねりん

sayoさん、こんばんわ!!
すごい観察力&洞察力だ~~。そして、なぞを解明していただいてありがとうございます。
EXTRAのときに、参加した友人と「何か書いてあるけど、なんだろう??」的なことを話していたのですが、全く見当付かず。
ほったらかしでした←ヲイ!

楽な道ではなく、苦労を覚悟して狭き道を進め。。。
そういえば、WOWOWのインタビューのときも「楽な方法じゃないですから」的なこと言ってましたよね。

誰でも楽な道に進んで結果を求めがちですが、敢えて苦労する道を選ぶ。だからこそ、そこにリアリティが生まれる・・・人に伝わり、人を動かし、伝え続けられる音楽が生まれるのかもしれませんね。


by つねりん (2013-02-03 00:49) 

sayo

>クリにけさん

本当にステキな言葉ですよねー♡
「見たことある」ってメモしたまではイイのですが
メモした事を忘れる私_/乙(、ン、)_
ほんとトホホなんですよね(¯―¯٥)

>稲葉さんはいつも人よりも狭く険しい道を走っているイメージなのですが本人からするとまだまだなのでしょうか。

ザ・マイスターで
♪懸命に生きる 本能 そんなのあたりまえ〜
と、サラッと歌うあたり…
まだまだ険しい道は
永遠に続くと本能的に感じていらっしゃるのでは?
なんて想像ですが思います。
クリにけさんが仰るとおり
だからこその説得力なのでしょうね♪

こちらこそ、いつもステキなコメント頂いて
とっても励みになっています!
ありがとうございます(*゚▽゚)ノ☆
by sayo (2013-02-03 23:34) 

sayo

>つねりんさん

こんばんは〜(*゚▽゚)ノ
なんだか私、だんだんコナン君みたいに
謎ときにハマりそうでw お恥ずかしいです。
でも、あくまでも私の妄想の域ですので
違っていたら本当にすみません!

>そういえば、WOWOWのインタビューのときも「楽な方法じゃないですから」的なこと言ってましたよね。

そーなんですよ!
私も思わず膝叩きましたw
楽な方法じゃないやり方を極めるって…
しかもそれを陰の努力でって…
本当すごい人ですよね♡

>だからこそ、そこにリアリティが生まれる・・・人に伝わり、人を動かし、伝え続けられる音楽が生まれるのかもしれませんね。

あー、感動しました。
思わずメモりましたよ。
本当につねりんさんの仰るとおりです。
ステキなコメント心からありがとうございます(*˘︶˘*)
by sayo (2013-02-04 00:14) 

MICCI

やはり素敵な方というのは内面からくる物なのですね。
この言葉をセレクトした稲葉さんを改めて惚れなおしてしまいました。

そして
今回、わたしはsayoさんにも惚れてしまいました。イャーン
私の思うセンスや頭のいい方って、
すべてにセンス良く、すべてに頭がいいんです。sayoさんもこれに当てはまるんしゃないかと…
「ふと気が付いた」「何気なく」「たたぶん」「適当に」「たまたま」この言葉って全然すごい意味持たない言葉なのに、センスや頭のいい人が使うときには、すでに正解だったりのちにいい結果を生み出すんです。
ふと気がつく観点がすでにセンス良く当てはまるってるんです!
多分これかなー?と選んだものがピッタリなんです!
それは、その人の今まで得た経験や知識、感性などで出た言葉や答えで、
センスや頭のいい人はそれがすべて活かされて素晴らしい結果になると私は思ってます。

sayoさん素敵です!
この言葉にふと気がつき、そして調べ上げてくれた事に感激しました。
私は男女問わず、素敵な方には惚れてしまいます。
こんな素敵なsayoさんと同じ、稲葉さん好きなわたしは幸せかも。。。
by MICCI (2013-02-04 13:57) 

sayo

>MICCIさん

あぅー。゚(゚´ω`゚)゚。
身に余るお言葉を頂戴し
お恥ずかしやら(//ω//)
申し訳ないやらで…
なんてコメントをお返しすれば良いのか
すっかり舞い上がってしまっています♡

でも…あー嬉しいです\(*T▽T*)/

記事の内容は
実際稲葉さんご本人にしか
真実かどうか分からないのですが…
どーしてもグッと惹かれるものがあり
私の我儘で書かせていただきました。
それをこんなにも好意的に受け取って下さって
私の方こそ感謝の気持ちで一杯です。

>こんな素敵なsayoさんと同じ、稲葉さん好きなわたしは幸せかも。。。

んもー♡泣きそうです( •̥́ ˍ •̀ू )
私にとっても幸せすぎて
光栄すぎて本当に有難いお言葉♡
MICCIさん、宝物にさせて頂きますね!
by sayo (2013-02-04 23:45) 

Koumi

はじめまして、sayoさん。
koumiと申します。私はso-netでblogはやっていないのですが、
奇跡的にsayoさんのblogに出会うことができて、東日本大震災の直後あたりから、ずっと愛読させていただいてました。
ちょうど1年前くらいから、Facebookを始めたこともあって、B'zの情報がよく入ってくるようになり、sayoさんのblogとリンクしたりして、自分なりに本当にコッソリ楽しんでいたのですが・・・。
最初は、「only two」の記事を読んで、その細かい記事に感動して、自分のFBのタイムラインにシェアしてしまったのですが。
この記事を読んだらもう、いてもたってもいられなくなってしまって、私の大事なFBの友達にも、この記事のことを知ってほしいと強く思い(^^;
また、シェアして投稿してしまいました。
勝手なことをしてしまって、すみません。
一言謝りたくて、コメントいれさせていただきました。
でも、sayoさんのblogは本当に素敵で、見る者の気持ちを激しく揺さぶります。私はこれまで沢山の感動をいただきました。
きっと、私の友達も同じ気持ちで読んでいることと思います。
長くなりましたが、本当にすみませんでした。
by Koumi (2013-02-08 23:14) 

sayo

>Koumiさん

はじめまして♡
「すみません」だなんて、とんでもないです。
FBでシェアして下さった上にステキなコメントまで下さって
感謝の気持ちで一杯です(*˘︶˘*)

私はお目にかかった事のない人でも
B'zで繋がった人達とは深いごenをいつも感じています。
その想いを大事にしながら記事を書かせて頂いているので
Koumiさんに届き、そこからKoumiさんのお友達へと
繋がる事はとても嬉しくて光栄な事です!!
心からARIGATO☆ございます!

色んなカテゴリーがあってごちゃまぜなブログですが…(^^;;
どうかお好きな記事だけ拾い読みして下さいね!
いつでも遊びにいらして下さい♡

コメントすっごく嬉しかったです•*¨*•.¸¸♪
by sayo (2013-02-09 22:02) 

yuji

「Enter ye in by the narrow gate」について検索をかけてるとこの記事に出会いました。

SUMMR SONIC09の大阪での赤いシャツの背中にも書かれてますよね。

ユートピアでも「狭き門を行け」と歌われていましたし、この言葉を強く刻み生きてるんでしょうね。

古い記事にコメントすみません・・・興味深い記事だったもので。。。
by yuji (2013-07-25 23:21) 

sayo

>yujiさん

コメントありがとうございます!

>SUMMR SONIC09の大阪での赤いシャツの背中にも書かれてますよね。

私、その時前から2列めで見ました。
赤いシャツは無地のシャツで背中には
何も書いていなかったと記憶しています。
ただ、中盤から背中も胸も腕も汗染みで
色が濃くなり模様のようになってました。

yujiさんは何かで赤いシャツの背中の文字
ご覧になられましたか?
参考画像があれば是非教えて下さい♡
よろしくお願いします!

古い記事でもコメントは大歓迎です
ご訪問ありがとうございました♡

by sayo (2013-07-28 00:02) 

yuji

sayoさん、奇遇です。
僕も、この時1列目で見ていました。

ライブ中は全く気づきませんでしたが、そのあと発売された「MAGIC」の
初回特典DVDのイチブトゼンブ演奏時、稲葉さんの背中が映し出された時に確認できました。

画像あげたいんですけどやり方わかりません、、、笑

いや~サマソニよかったですね。特にCallingかなー。
稲「もっと声でるだろおおさかああああああ!」
しびれました。笑
こんな偶然あるもんなんですね。

by yuji (2013-07-28 02:59) 

sayo

>yujiさん

1列めのYujiさーーん(笑)
凄い偶然ですねー

教えて頂いた情報を元にDVD確認しました!
仰るとおり背中に文字を背負っていました。・゚・(*ノД`*)・゚・。
2009年からだったとは!
当時(っていうか当日)は全く気づかなかった自分に
腹がたちましたよ、、(笑)

教えて下さって心から感謝です♪ ありがとうございます☆
Calling良かったですよねぇ(˘̩̩̩⌣˘̩̩̩ )
ほんっと痺れました
また、いつでも遊びに入らして下さいね♡
by sayo (2013-07-30 22:23) 

イナピッシュ

先日の日産スタジアムのライブの時に、「ENTER BY THE NARROW GATE」と
印字されたTシャツを着ているファン方が数名目につき、きっと何かB’z関係の言葉
なんだろうと思い調べていたら、こちらのブログに行きつきました。

ENTER BY THE NARROW GATE の意味、この言葉に込められた稲葉さんの覚
悟、そしてsayoさんのこのブログに感動しました。

一つ一つの歌詞、行動、メッセージが繋がり鳥肌が立ち、ついつい隣にいた嫁にも
このページを最初から読んで聴かせてしまいました(笑) (ちなみに嫁もB’zファン
で、日産スタジアムのライブも嫁と一緒に北海道から参加しました)

「楽な道を進むのではなく苦労を覚悟して狭き道を進め」
稲葉さんのストイックで手を抜かない姿勢の原点となる言葉ですね。
 
B’zのボーカリストとしてだけではなく、一人の人間として本当に尊敬できる方だと
あらためて思いました。

たった一つの言葉の意味を調べていただけの自分に感動を与えてくれたsayoさんに
心から感謝します。素敵な記事をありがとう!
by イナピッシュ (2013-09-25 22:44) 

sayo

>イナピッシュさん

星の数ほどあるブログの中から
辿り着いて下さってありがとうございます☆

>ENTER BY THE NARROW GATE の意味、この言葉に込められた稲葉さんの覚
悟、そしてsayoさんのこのブログに感動しました。

。・゚・(*ノД`*)・゚・。
そんな風に言って頂き、私の方こそ感謝の気持ちで一杯です
ご本人が直接発せられた言葉ではないのですが
今回のホール、ドーム、スタジアムでも毎回衣装に印字して
ユートピアの歌詞にも「狭き門をいけ」と出てきたので
稲葉さんが今もっとも伝えたい言葉なのは確かだと思います

奥様にも読んで頂けたのですね(ノ∀\*)
北海道から日産スタジアムへご夫婦で参戦♡素敵ですね
私のブログは何故かご夫婦で読んで下さっている方がとても多くて
イナピッシュさんご夫婦とのごenも心から嬉しく思います

>「楽な道を進むのではなく苦労を覚悟して狭き道を進め」
稲葉さんのストイックで手を抜かない姿勢の原点となる言葉ですね。

ハイ!歳を重ねるごとに「手抜きは一切なしのマイライフ」に
磨きがかかり、稲葉さんの決してブレない姿勢が大好きですし
私も人として尊敬しています

最後に身に余るお言葉を心からありがとうございます。
B'zから発信される音やコトバの中から波動が生まれて
たとえソレが小さな波動だとしてもじわじわと染みわたり
こうして人と人とが繋がる事って素晴らしいことだと私は思っています

北海道はもうすっかり秋が深まる頃ですか?
去年の冬は雪が多くて大変な年でしたよね
今年は適度な雪でお願いします(*´ω`*)

またいつでも遊びにいらしてくださいね。
本当に嬉しいコメントをありがとうございました☆
by sayo (2013-09-27 23:20) 

智恵子

こんばんは。
時々拝見しております。

今回、この言葉の意味を調べていくうちに、こちらにたどり着きました。
もちろん、稲葉さんが使っていたからです。

エアロソニックの時に、あまりにも強烈な印象があったので。

背中の時は背負う感じがしたので、自分自身に。
今回のように前の部分。これはメッセージかなと。
みんなに対してとも取れますが、稲葉さん自身そんな、ある意味(説教)じみた事するかなと、ちょっと腑に落ちない疑問が残りました。

ここからは私個人の想像です(妄想かも)
が、誰かへのメッセージではないかと。
自分と一緒に狭き門をくぐる覚悟ができるかです。
あまりにも個人的なメッセージを、大々的にする筈がない!とも考えたのですが
逆に稲葉さんならするかも!
と、思ったら、私自身、腑に落ちたのです。
稲葉浩志の描く世界は虚無だと、どなたかが言っていました。
ひとそれぞれの考えや想像なので、
本当のところは分かりませんが、こう解釈したらジット作の[狭き門]を、思い出したので、コメントさせて頂きました。









by 智恵子 (2013-12-13 23:53) 

汐理

初めまして(^ω^)この記事を読んで感動して、コメントせずにいられませんでした!sayoさんの探偵力に感謝です。いつも身につけているものも丸々含めてカッコいいなーくらいしか思ってなかったですが、これからは私も意識して見てみます♪そしてブログちょくちょく見させてください♡私もこの狭き門を行けで思い出したのが、新しい曲ですけど、ユートピアの歌詞にも入ってましたね☆ぐっと来るもんがあったので覚えてました!
by 汐理 (2014-01-28 10:59) 

は?

松本さんのことについては一切触れないんですね
by は? (2014-02-23 01:36) 

sayo

>智恵子さん

コメントのお返事を放置してしまい申し訳ありませんでした
訳あってコメント欄を観る事が出来ませんでした
素敵なコメント下さっていたのに本当にごめんなさい

私の中でも稲葉さんの事ですから
真意はどうなのか?全く持って分からないです
でも、「好きな様に感じて受け取って下さい
そういう自由がまた面白くもありますから」

なんだかそんなメッセージも込められているみたいで
そういう受け手の自由な解釈を許して下さる人ですからね
そう思うとこの言葉の意味が幅広く感じてきます
環境は人それぞれですものね

視野を広く持つ事の大切さ
そして目標が決まれば日々努力し精進する事の大切さ
説教臭くなく大事な事を教えてもらったと
私は感謝しています

コメント本当にありがとうございました

by sayo (2014-03-09 22:40) 

sayo

>汐理さん

初めまして♪
コメントのお返事が遅くなり申し訳ありません
訳あってコメント欄を観る事が出来ないでいました
本当にごめんなさい

せっかく遊びに来て下さったというのに
只今、ちょっとブログを閉鎖しています
未承認コメント(誹謗中傷の為)が多くて
気持ちが参ってしまいました

でもB'zへの愛情はゆるぎないものなので
ご安心下さいね☆

ユートピアの歌詞も大好きです
日々色んなことがありますが
歌詞を胸にブレない気持ちで歩きたいです

汐理さん、ステキなコメントありがとうございました♡
by sayo (2014-03-09 22:50) 

sayo

>は?さん

コメントの返信が遅くなってしまい申し訳ありません
ご訪問ありがとうございました

>松本さんのことについては一切触れないんですね

この記事は「稲葉浩志」カテゴリーだからです
「B'z」カテゴリーでは松本さんの事も触れています
by sayo (2014-03-09 22:53) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。