So-net無料ブログ作成
検索選択

B'z LIVE-GYM 2011-C'mon-京セラドーム1日目ライブレポ [B'z]

お久しぶりの更新です
10日〜13日と宮城県へとボランティアに
行ってきました。
今回は帰りに福島も寄ったので色んな気持ちを
山のように抱えながらドーム公演に参加してきました。

想う事、感じた事、言いたい事、言わなければならないこと
まだ私の中で整理しきれていません。
なので極力感情を押さえ気味の客観的なレポートにしたいと思います。
でも、書いているうちにぐちゃぐちゃになるかもしれません。
その時は、ごめんなさいね。

仕事を少しだけ早めに切り上げて会場に向かいました
なんだか久しぶりの京セラドーム
工事中で右往左往しそうな雰囲気だったけど
でも、やっぱりこのドームのデザイン。愛嬌があって好きです

RIMG1815.jpg

さて、ここから先はネタパレ満載長文ワールドです
B'zファンの方でネタバレOkayの方だけお進みくださいね

では、開演のお時間です















今日は親友と参加
いつものようにシュルンっと出てきたレシートチケットは
スタンド席ステージ真正面よりやや3塁側よりの前から2列めでした

京セラドームはスタンドのネットが外されるため
視界良好なのでありがたいです
でも、やっぱり箱が大きくなった分
ステージが遠いっ!←当たり前
しかも寒いっ!←冬なんだから当たり前

コートを脱ぐ事もなく
噂で聞いていた開演前に流れる映像をひとしきり観る
男性アンカーに女性アシスタントの
海外ニュース番組が設定なんですね
そのトピックスで日本のロックアーティスト「B'z」が紹介されるという
小芝居満載の日本語吹き替え版ニュース(的)でした

売り上げ枚数だったり、Takがグラミー取ったことだったり
リンキンとのチャリティライブが配信されたニュースとか
2011年のB'zニュースの合間に
アルバムC'monのCMやペプシの本人出演CMが流れます
どれも、こちらで観れます

で、目新しい映像(会場でしか観れない映像)と言えば
わざわざ作成されたパロディCM
B'zさんって、こういうの好きですよね

その1、森光子出演 人形の秀月 「家紋(C'mon)をお入れします」
その2、公文式CM 「♪かもんへいくもん♪」
その2、水戸黄門 「このかもんが見えんかー!」印籠にひらがなで「かもん」の紋入り

その1のCMは古すぎてみんなきょとんとしていましたw
私はすぐに分かりましたけど...何か?

で、開演前の楽屋に映像を切り替えましょう!と
ハードルを思いっきりあげておいたあと
パペットマペットのネタが始ります
牛さんが、こうし(子牛)繋がりで稲葉浩志設定
カエルが松本孝弘設定で登場するのですが
あイタタ感が否めませんでした(ファンの方すみません)

あともうひとつマイケル富岡氏が異常なハイテンションで
ツアーグッズの紹介をするテレビショッピングパロディ
かなり無理してる感がこちらも否めなくて
笑いに厳しい関西人の心は寒々としていたようです。。
あぅ、なんか辛口ですみません

お待たせしました
本題にまいりましょう!

開始5分押しぐらいだったかな?

0. オープニング

六角形のパーツを蜂の巣状に組み合わせた
シェルターのような壁は変わらないままなのですが
ドームになった分サイズがかなり大きくなり圧巻でした
シェルターの両サイドに六角形の形のスクリーンあり

また光りのグラデーションパターンが少し変化していました
青、ピンクが主流になったのは
ツアーカラーのブルーとピンクを意識してでしょうね
3Dの人のサイズも一段と大きく
早い段階で中央に出現して
リズムパターンとギターの爆音に合わせて
本当に軽快で迫力満点のオープニング
メタルチックな心臓のドックンドックンから
ラスト3D人間が炎の玉を手にしてC'monと叫ぶところまで
ほぼアリーナのOPと同じでした

01. さよなら傷だらけの日々よ

シェルターのような扉が左右に開き
X型のセットの上部にB'zの2人

ここで衣装説明です

稲葉さん衣装

レオパード柄のチェスターコート(裏地が赤)
サテン地のパープルのシャツ(襟に黒のライン1本あり)
黒レザーベスト(背中がチェスターコートに合わせてレオパード柄)
黒レザー超スキニーパンツ
黒のハイカットスニーカー

スニーカーなんですけど、今回は黒できました
同じピエールアルディのものだと思うのですが
アリーナまでは左の白 ドームから右の黒かな?

pierre1rere.jpg

松本さん衣装

ラメが生地に織り込まれた黒のコート
白シャツ+黒ベスト
黒のパンツ
トム・フォードのサングラス(これお気に入りですね)
クロムハーツのゴールドウォレットチェーン
右手の薬指にシルバーのリング
右手首にクロムハーツのリストバンド
右の後ろポケットにスカーフ

稲葉さんのレオパード柄のチェスターコート
しかもサイズ感がピッタリなのでこの衣装はオーダーでしょうね
いかにもロックスターな衣装
好き嫌いがあるかもしれませんが
私はチェスターコートが大好きなので
めちゃくちゃ萌えました

アウトロでは完全に観客に背を向けて
ドラム前でマイクスタンド握りしめて
開脚で頭をフリフリお尻をフリフリ
だんだんこのダンスがエスカレートして見せ場となってます
あぅっ、やっぱり強烈にカッコいい!

曲が終わるタイミングで火花がボンッ!

02. さまよえる蒼い弾丸

蒼い照明、サーチライトみたい
さっきのダンスが私の目に焼き付いて
しばらく呆然としながら聞いていました

前にも書いたと思うのですが
この曲きっと凄く歌うのが好きだぁ!オーラがぁぁ

ラストの♪もうっと〜 の所から
何故かスクリーンに映る姿のピントがぼけるんです
稲葉浩志が遠のく感じでジラしてジラして

♪もっとハヤクーーーーーーーーでジャストピント!
身体を弓なりに反らして
陶酔した表情見せます

新しい演出

センターに歳末お楽しみ抽選会のような四角いボックスが登場w
その箱に、もじもじ近づき中を覗く稲葉浩志
鼻のあたりをこすって笑顔
箱の方を指さして手をつっこむ
すると中から手のひらサイズの白いボールが
ドヤ顔でボールに書いてある文字を見せる

B'zの
言ったと同時にボールを観客に向けて投げる
会場からキャーキャー歓声
間をおいて2回め手をつっこむ
B'zのー
キャーワー!
間をおきつつ右肩をちょこっと照れながら2、3回まわす仕草が可愛い
3回目手をつっこむ
カメラに見せた文字が「ハズレ」
がくっとして、シェーンに投げるw
シェーンが観客に投げる
4回目手をつっこむ
ドヤ顔でカメラにむける
B'zのLIVE-GYMにようこそーーー!

逢いたかったよぉ[揺れるハート]は封印されたんですね.....
どうやって上手い具合にボールを取り当てているのかなぁとか
考えてしまいましたw
きっと4回投げたから
箱の四隅に粘着テープかなにかで1球ずつ留めてあって
箱の上に番号書いてあって番号順に取ってるのかなぁ?とかw
私って変な人ですw

03. Don't Wanna Lie

シェーンのワーンツースリーフォーの
ドラムカウントが入ってから歌い出し

声がすごく出ていた印象
私何故か、ライブで聴く度にこの曲すごく好きになってます
このPVも大好きで
でも、何より歌詞が今の私にとても響き
自分でも驚いてしまったのですが不意打ちで涙してしまいました

ギターソロ前のシェーンのドラムソロがアレンジされてて
より力強く赤くカラーしたヘアが、まるで日の丸の様w

ギターソロで稲葉さんコート脱ぎ捨てる
両袖めくりキター

♪ややこしいのはー世の中じゃなくて
♪この頭ん中?←ここで自分の頭を左手人差し指で激しく指す

あー。そのとおりです、私の頭ん中ややこしくて迷路です。。

ラストのシャウトがかっこいい
開脚してスタンドマイクをぎゅっと引き寄せて
右斜めに身体を反らせて
なんて柔軟な事でしょう♪

袖をめくって気づいたんですけど
本日の稲葉浩志アクセサリー

右手にレザーブレス3本重ね
シルバーのビーズの1連
茶色のレザー3重ぐらいのフェザーチャーム付き
ブラウンの1連コンチョブレス

左手になんと浜のミサンガ「環」ウィンターバージョン

実は私の手もとに届いたところで
着けて行っていたので
とっても嬉しかったです
稲葉さん、やっぱりあなたは素敵な人
ずっと、ずっと、ツアーの間ミサンガを着け続けて下さったことに感謝です
あの宮城公演初日からずっと色を変えつつも
ミサンガを着け続ける無言のメッセージ
ちゃんとファンの皆はもちろんのこと
東北の人達にも気持ちは伝わっています

そういったさり気ない所が大好きです

浜のミサンガ「環」ウィンターバージョン

IMG_3892-2.jpg

お求めはこちらをご覧下さい
このミサンガに込められた想いが伝わり
繋がり続ける事を心から願います

04. ピルグリム

中央のスクリーンがV字へと変形
白い羽根が舞い降りる演出もほぼアリーナと同じです
丁寧に、気持ちをこめて歌う稲葉浩志

05. BE THERE

シンセ連打と共に照明が赤と黒交互にピカピカと
会場内から歓声が
ピンク×青のツアーカラーに照明が変わり
稲葉さんは、ちょっとドヤ顔で下手へとゆっくり歩く
ギターソロから上手へ
往復するとかなりの距離なんですよね

今の彼の声で聞くとやっぱり全然違いました

♪君だけは Be there anytime

キザなセリフも英語でいうととてもナチュラルで素敵度上がります

♪Some one tell me ?
この囁き!実にイイ!

(MC)

こんばんはー!

こんばんはー

久しぶりで大阪に帰ってきましたーー!
ほんと久しぶりな感じがしますよね!
みんな元気でしたか?
そして今日、この大阪の皆さんのご機嫌はいかがでしょうか?←これマイブーム?
会場からサイコー!とまばらに聞こえたのか?
耳に手をあてて

んんんんん?
サイコー!
サイコーですか?
サイコーですか?
今日、大阪のサイコーが
チョー!チョーー!サイコー!になるように
我々もハラくくって思いっきり心をこめて
歌って演奏するんで
皆さんもたっぷり、ゆっくり楽しんで
しあわせーーーーーな気持ちになって帰って下さーい

6. Homebound

増田さんの美しいイントロ長め
画面が左右に分かれます
照明が落ちるため松本さんサングラスはずす

照明、スクリーンの映像がとってもきれい
この曲を聴くと今年一年色々あったことを思い出します
TAKのギターが本当に優しい

流れ星がキラリンと2つ流れました[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

稲葉さん下手へはける

ボスのリフでバンドセッション
やっぱり大賀さんの存在が大きいですよね

7. ボス

また稲葉さん着替えてギリギリに登場
衣装は白のVネックで超タイトなシルエット
このニットがもこもこしていて子羊みたいです
たぶん、kashwereか?
BAREFOOT DREAMS × Ron HermanのVネックかな?

毎度毎度、よろよろ、ヨタヨタ、脚は千鳥足風で歌います
その姿が独特のパフォーマンスで他の人がやったら危ないレベルw

♪野次や悲鳴や怒号や噂が この首締めつけるー

キターーーーーーーー!
自ら美しすぎる指で己の首をまさぐるパフォ
ひゃーん♪
萌え死にそうになっちゃいました_/乙(、ン、)_
なんちゅう、色っぽさ!
逮捕します!!

♪全部台無しーーー
の後、イェイェッイーェッエッ!といきなりアレンジ変わってた
もうこの辺りはピョンピョンジャンプしたり
くるくるまわったり変なダンスは進化していましたw

8. 命名

なんかイントロが壮大になっていた気がするんですけど
気のせいかしら?

映像も変更あり
深い森の中にキラキラと黄色い光りが
これは蛍の光りなのでしょうか?
永遠の翼の映画で、蛍って「命」を表していましたもんね

なんか、この歌歌っている時の稲葉浩志の眼力!
ものすごく強くて訴えかけてて父親の表情です
凄く素敵
あー。やっぱり私はこの曲も好きなんだ

(MC)

ありがとうございます。
ちゃんと、後ろの端っこの方まで聞こえていますか?
ここで皆さんにお願いがあるんですけど
お願いというか、お願いですね(笑顔)←支離滅裂w

手拍子をやりませんか?
好きですね?大阪の人手拍子
大好きですよねー
凄い簡単な手拍子なんですけど
一応テーマがありまして
仲間がいるってなんて素晴らしい!
っていう事を手拍子を通じて感じてみようじゃないかという
そういう試みなんですけども

もうワクワクしてきたでしょ?
説明しますけども
まずバンドからこうやって手拍子します(実際叩く)

思わず会場がつられて手拍子し始めるw

もう、ヤリたいんですねw

わかりますよー
ウズウズしてるんでしょーーー

バンドからスタートしてですね
僕がスタートって言ったら
アリーナの1列めのみなさん
スタンドの1番端のステージに近い列の皆さん
そうです!

アナタです!指差しながら
その人達からスタートする
前の列の人がやったら次の人、また次の人、次の人と
どんどんっていう風にザーーッと行くんですけども
言ってみれば1列めの人はずっと手拍子し続けなくてはならないので

覚悟を決めて下さいw

スタンドは、こっちからスタートして
両手を拡げ鳥が羽ばたく様な仕草をして両手を前まで重ねる瞑想タイム
あの辺り(スタンド真正面中央)でぶつかるんですけど

いわゆる終点ですw
ぶつかった所で是非こっちに
ゔうぅうわわわぁぁぁぁぁぁっーっていう喜びの叫びを返して下さい
うぅわわわわぁぁぁ
ううぅうわわわわぁぁぁっていうって(3回ぐらい言ってましたw)

手拍子が行ったら叫びが返ってくるっていう感じですね
想像ついたでしょうか?
簡単だろーー?

手拍子する時になるべく肘を上げて
会場みんなでやってみる
そうです!
凄く上手くいきそうな予感がどんどん!

どーしょうー(胸に両手あてる)←かわいすぎw

じゃあもうやっちゃいますか?
イッちゃいましょうか?

じゃあバンドからスタートしますよ
ここが大事です!
いきます、せーの!(バンドだけで手拍子)
今日はバンドも調子がいいですよー

じゃそろそろ
せーの!

イケイケ!イケイケ!
うわっ!花が咲いているみたい!
いいですよー♪
大阪の手拍子の素晴らしさ見せて下さい
(だんだん早くなってくると)
自分をしっかり持ってぇ
叩いてもいいのかもどうなのかも分からない人は
もう叩いて下さい!←趣旨が変わってきているw

すげぇ
もう半分すぎちゃいましたね
もう、あとちょっとだぁ

うぅぅううわわわわわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
せーの1本〆

キモチイイーーー!!←このいい方声高くてかわいいw

すごーいキレイでしたありがとうございます
前の方の方、叩き続けてくれてありがとうございました
後ろの方の方、ずっと待っててもらってありがとうございます
大阪の手拍子ってサイコーですぅ

仲間がいるってなんて素晴らしいんでしょう!
じゃあ大阪の仲間達と今度一緒に手拍子して
それに合わせて歌って行きたいと思います
一緒にやりましょうか、いきますよ

9. DAREKA

♪答えてくれー

会場みんなで大合唱
手拍子でひとつになったせいか盛り上がる

「だれかーーーーーーぁぁぁいぇいぇええええええ」
身体をねじりながら穴にスーーーーッと消える

ぬーーーーーーっと井戸に入って上昇

ここに吸い込まれちゃいましたぁ
前見た事あるって散々言われるんですが
新しいんですよー←井戸さするw
井戸ですー

さ、さ、さ、さっ
Takの方を向いて探す

いない!

まっちゃんがいないよー!
ちょっと、どこ?
どこ?

すると、
なんと!
なーーんと!

ステージ Takポジョン(上手気味)から

スーーーーーーッと井戸に入ってまっちゃんせり上がり登場!

会場内、歓喜と大拍手!

しかも井戸は金!
ゴーーーーールド!

それを見て唖然とした稲葉浩志の第一声が

マジで?!
どこで?

ここで会場内の男性が
「まっちゃーん、実家帰ったん?」とナイスつっこみがぁwww
稲葉さんと松本さんこらえきれず
エヘヘヘヘヘヘ
あはははははは
がははははははっ

んもー珍しく2人とも顔をくしゃくしゃにして大爆笑

で、Takはごまかすためにポーズを再び決める
そして井戸から出る時
このゴールドの井戸にはドアがついているとアピるかのように
ゆっくりとした動作でドアを開けて
井戸の外に出る
反動でドアが自然に閉まる

場内拍手

するとまた男性が
何か叫んだ
稲葉さんは
ふふっと笑って

ドアは自動で閉じたよぉ!と投げやりに言う
どうしたんですか?

するとまた再び「実家帰ったーん?」
Takは開き直ってゴールドの井戸を指差し
実家w
あははははっ
場内大爆笑www

アリーナでね、ほらあのー井戸に入って欲しいっていう
あまりにもの要望の多さにね
特注で作ったよ!

どうっすか?快適?
Tak、親指立ててグーサイン

俺もなんか色が着いているやつがいいなぁ?
すると稲葉さんの井戸が映る

笑わないでー
金ってどう?
まぁ、これアリーナの頃から
入れー、入れーって言われ続けて
夜うなされるらしいんですw
オ、オレ、俺はーって特注で作ったみたいですよー
晴れて井戸に入れたという事で良かったですねー

さぁ、これでいい大人が2人で井戸で遊ぶというコーナーでした
井戸に拍手

井戸下がるw

10. SPLASH!

イントロでマラカス
いつもシェーンの方を向きながらw

英語バージョンもとってもこなれてきて
日本語で歌う方がもはや違和感があります
アレンドがほんとに素敵

アウトロ長めです
再びマラカスを狂ったように振りながらクルクル回転

11. Brotherhood

何度も、何度も、色んな場所で聴いてきたけれど
私の中で、ごめんなさい宮城初日に勝るものはありません
唄の上手さというか、安定感で言うと
どんどん安定してきていて
あの日はどちらかというと
気持ちが怖いぐらい入り過ぎていて
凄く稲葉さんの弱さとか
素の稲葉さんの人間味がでまくっていて
とっても不安定だったのですが
あの強烈な魂のこもったブラフはあり得ない領域でした

と、ここまで書いてなんなんですけど
また、前後開脚アキレス腱を伸ばして歌うスタイルに
なっていました
すごく身体の柔軟さに磨きがかかっていて
前後開脚のまま、後ろにのけ反ったり
ほんと、この人は超人ですね!

アウトロ後、拍手しながら天井を見上げ
深く、深く、お辞儀して「ありがとうございました」と呟く

(MC)

どうもありがとうございます。
気分はよくなってきましたか?
これから、もっともっと、良くなっちゃうよー
その前にバンドのメンバー紹介します

ドラムス、シェーン・ガラース!!

そしてベース、バリー・スパークス!

そしてギター、大賀好修!

そしてキーボード、増田隆宣!

サポメンのMCはなし。
これに感しては言いたいことあります。
最後に書くことにします。
増田さんとハイタッチして稲葉さんハケる

サポメンバンドセッション
音がとても良くて、映像も照明もすごく美しかったです

上手からTakが登場して

12. #1090

紹介しましょう、ギター、Tak 松本〜!
こんばんはー
ひしゃしぶりですね、皆さん←久しぶりを噛むTak w
僕達もはじめてもう24年目になりましたけども
今なお、こんな素晴らしいね
大阪ドームで、こんな素晴らしい皆さんと共に
こうやって音楽をやれていると思うと
心から感謝したいと思います
今日は来てくれて本当にどうもありがとう
最後まで、ゆっくり楽しんでください

ギター、Tak 松本ぉー

さ、どうしましょうか?
ちょっと、賑やかにいきますか?
騒ぎたい?
(Takがギターをギューン)
騒ぎたい?
(ギュオーーーン)
賑やかにいきたいかーーい?
(ギュギュォォォォーーーーーン)
騒ぎたいかい大阪?
気持ちよくなりたいかい?おおさかー
じゃあ、いきましょうかー

13. BLOWIN'

2年ぶりのムビステ(ムービングステージ)
C'monのパンフにムビステの事を2人が絶賛していたので
きっと、またいつかちょっとスケールアップして
再び登場するんだろーなーって思ってましたが(^^;;

こんなに早く、ほぼスケールも同じで
ひょっとしたらよりシンプルに?
いや、そのまんま使い回して?
と思いながらも、本日の私の席はとっても美味しい位置なので
メンバーが近づいてくるにつれて
興奮度MAX!!

あ、そうそう、稲葉さん衣装チェンジしています

ピンクに近いパープルのTシャツ襟ぐりと袖口にかわいいピンクのパイピングあり
胸に「HAVE YOU SEEN ME」の文字
このTシャツ調べたらDirteeHollywood でした!
稲葉さん、DirteeHollywood好きですよね。
その上に黒地にシルバーのちょいラメ感のある凹凸のドットジャケット


この曲の終わりと同時にアリーナ最後尾にステージが移動完了

んもー、私の周りの人達
泣き出す人もいるし割れんばかりの拍手と歓声
スタンド中央
前から2列めの私がいきなりSS席へと昇格する瞬間ですもの
ファンクラブチケットありがとう☆

どうも、どうも、どうもー

来ちゃいましたよ

すごい近いですねー
めっちゃ、辺りを見回していました。
落ち着きなくオドオドした感じでw
ひょっとしたら明るいし目線がほぼ同じだし
本来のステージよりよく見えて恥ずかしいのかもw

せっかく来たんで、もうしばらくここで
演奏していきたいと思います

(すみません、興奮でメモっていません)

14. イチブトゼンブ

メンバーが所狭しと動き回るw
肉眼で見える幸せぇ
また、スクリーンに結構ハンディカメラの映像が抜かれます

♪ ひとつありゃいいのにー

ぐはっ!
人差し指立てて私の大好きなポーズ
しかも、下半身がえらいぐにゃぐにゃと、いやらしく
くねらせちゃう始末_/乙(、ン、)_
瞬殺されちゃいました。。


15. 裸足の女神

大賀さんとTakが肩を組んで
ツインギターのハモリをムビステのセンターでやってくれました
指使いまでしっかり見える幸せ

でも、すみません。私は、丁度私の視界の延長線上にいた
肉眼で見える稲葉浩志に釘付け
増田さんのキーボードに向かい合うように着席して
何やら増田さんと話したり
首を犬のように振ったり
手でリズムとったり
右足でカウントしていたり
瞬きするのも惜しい程ガン見しました←イタイw

再び、ムビステが上昇して
ステージへと戻って行きます
至福の時間の短いことっ!

16. Liar! Liar!

炎がポンポン上がる!
稲葉さん、ジャケット脱ぐ
余韻で、ほとんどメモっていないしw

あ、ビンクのTシャツって背中にもなんか書いてあるんですね

ラスト
Baby, do you want the truth?
Baby, do you want it?の
do you want it?を吠えるようなドスの効いた声で!

17. ZERO

大阪ベイベーーーー!

♪君のうちにつっこもうかーなんて

左手を頭の後頭部へ
開脚でグイングイン、ラウンドさせて←ヤラシサ進化

♪ことまで浮かんでくるー

揉み込み+脚を横にクロスさせて歩く
(一応検索多いのでご報告ですw)
歩きながら「あぁん」って言ったような気がするんですけどw
もはやアレは空耳だったのかしらん?←ヤバすぎる

♪もう1回ー!

下手から走り込んできて、ボックスで踏みきり
いわゆるマリオジャンプしてましたw

♪もう真っ白ー

今宵はTシャツだったので
激しいヘソ出しでしたw

18. DIVE

ステージのライトがサーチライトのように回転
会場の熱気はピーク

19. ザ・マイスター

間髪入れずに増田さんのオルガンソロが

大阪ー!
大阪ベイベェー!
大阪の声聞かせてくれー
聞かせてくれるだろー
いくぞー!
いくぞー!

ウォーーーーーーオーオ!
ほんと、ハラの底からってこのことなんだという程の稲葉さん

煽りがハンパなく、どんどん過熱
もっともっともっとー
カモーーン!
いいぞ、いいぞ、いいぞー!
まだいけるだろー!
いいぞ、大阪ー、もういっちょいってみよう!

ラストに特効がボーーーン!!

(MC)
すごく早口だったのでニュアンスでとらえて下さい。
筆断多くてすみません。

大阪の元気な叫び声をきかせてもらいました。
サイコーでした。

C'monのドームツアーをやっている訳なんですけども
考えてみればC'monというアルバムを作りはじめてから
今日まで色々なことがありました。
C'monというアルバムを作りはじめたのは
去年の春先ぐらいで
その頃スタジオに入りはじめて曲を
一曲ずつ作って行きました
時間がある時はスタジオに入って曲を作って行くという作業を
やっていて、何曲も作って年を越して2011年になって
まだ足りない所もあったので
当初僕らが考えていたよりも
更に多くの曲をスタジオで作っていました

3月になってあの大震災が起きまして
もちろん僕達もスタジオでの作業を
全部ストップさせて
恥ずかしい話ですけども
ちょっと放心状態というか
途方に暮れるというか
それまで自分たちが思いっきり盛り上がって
やっていたレコーディングっていうのが
なんかこう意味があるんだろうか?とか
価値があるんだろうか?とか
そういう事で悩んだりしながら
スタジオに入れないままの日々が続いていました

そんな中で津波の被災地への作品を提供させてもらったり
テレビに出演してバンドで演奏する機会を頂いたり
そういうことをやることによって
また少しずつ僕らにも自信が戻って来て
これも当たり前のことなんですけども
人が1人ずつ出来る事
それぞれあると思います
僕らという人間が一緒に集まって
1番力を発揮出来るのは音楽を作って
それを皆さんに届けることだと
再認識、再確認しました
そしてまたスタジオに入って
中断していた作業を再開して
そしてC'monという曲を作って
C'monというアルバムを完成させました

これは今年の春から夏のことでしょうか
7月にC'monというアルバムを発売して
9月にC'monアリーナツアーを仙台からスタートしました
そこでも、大きな大きな、勇気、エネルギーを皆さんから僕らもらって
そしてまた、色んな街を回って
各地で又皆さんから元気をもらって
このドームツアーに入ってきて
今日、来ている訳です

考えてみれば、僕らをどんな時も前に進ませてくれていたのは
音楽の力だなということを強く感じたし
音楽というものに対して感謝の気持ちが
どんどん強くなっていったそんな年だったと思います
今年完成させたC'monですけども
タイトルをつけた時
一緒に行こうぜとか
一緒に元気になろうとか
一緒に笑いましょう
一緒に!という気持ちを強く込めました

一緒にといっても
人が大切な人といつでも一緒にいるなんてことは難しいことで
だったらどうすればいいかっていうと
たとえば、大切な人、気になる人がいるならば
自分の心の真ん中でも片隅でも
どこでもいつもそっと置いておいて
いざという時、ひっぱり出してきて
相手に対して強く丁寧に想いをはせる
そういうことで支えになったりとか
元気になったりとか
幸せな気持ちになれたりすると思うし
一緒にいるという気持ちに大分近づけると思います

僕らもずっとバンドをやってきて
是非皆さんの心のすごーーーい心の端っこの方に
いつも置いておいてもらえるような
そんなバンドになれるように
これからも頑張りたいと思います
宜しくお願いします! (一礼)

そして今日、ここ大阪で
皆さんと一緒に
あったかい、熱い、素敵な時間を過ごせて
僕らとっても、とっても、とっても幸せでした!
どうもありがとう!


20. C'mon

マイクスタンドに手をかけて
イントロで身体を揺らす
地球が映し出され
その後の映像は、ほぼアリーナツアーと同じ

さっきのMCや今年色々とあったことなどが重なり
胸が熱くなりました

ラストの
♪C'mon!
銀テープ発射!

アリーナ前方のみならず後方やスタンド席にも
かなりの量が発射!
私もお土産頂きました

本編終了

アンコールの稲葉浩志の衣装

んー。微妙ですぅ
激しくスタイリストSリターンズを感じさせるコーデ
激しいダメージ(クラッシュ)デニムのシャツ
もうボロボロです
ダメージの穴に下から当て布をして、いわゆる継ぎはぎ
すごく手が込んでいるのは分かります
至近距離でシャツだけ見たらイイものなのかも?
でも、黒のレザースキニーとは合わないアイテム.....
私、wowowでやってる「ランウェイ」っていう番組大好きなんですど
その番組のバッサリ斬る審査員の気持ちになってしまいましたw
ステージ衣装って、特にドーム等は遠目で見たらどうか?って
それが全てなところありますよね
マイケルジャクソンも言ってました
いかにステージ栄えするか?
この複雑な細かいモチーフのデニムシャツに
黒地に白のドット模様のストールを重ねて...._/乙(、ン、)_

21. いつかのメリークリスマス

私、実はライブでは初めて聞きました。
今の声で聴くとどんな風なんだろう?
期待していました♪

イントロ前のシャンシャンシャンシャンと鈴の音
スクリーンには東京ですよね?キレイなイルミネーションが
粉雪のような雪が舞い散り
本当にキレイです
色んなことがあったけど
雪が消しさってくれそう

TAKは座ってアコギ
稲葉さんはセンターでスタンドマイク握りしめて

テンポはオリジナルより早め
全体の歌い方も感情はこもっているもののサラリとした感じ
私の前の席のカップルが手をつないで肩寄せ合ってて可愛かったなぁ♡

すみません。愚痴をひとつ。
やっぱり気になる衣装。
いっそ、ボスの時の白のモコモコニットの上に黒地に白のドットのストール
巻いてくれていたらもっと決まっていたのになぁ←おい、何様w

次の曲で、タオルとしてストールを回せるしねw

ちょっと早いけどぉー
メリークリスマス☆

みなさん、気分はどうですか?
どうですかーー!!
どうですか、大阪!
こっちは、超サイコーですー!!
今日、久しぶりに大阪のみんなに会えて
すげぇー幸せでしたー!
どうもありがとーーー!


22. ultla soul

イントロ長め
稲葉さん、ストールをぶんぶん回してシェーンに投げる
アレンジもアリーナと同じでした

23. Calling

やっぱりドームでもラストはこの曲でしたね
でも、この曲には深い意味を感じるようになったので
C'monツアーはアルバムツアーだけど
この曲がラストで良かったと思います

ラストのシャウトのアレンジどんどん変わってきて
各パートの演奏の激しいこと!
どんどん加速されて

♪大阪ベイベーーーーーーーーーーー!!
Thank you!

特効ボン!!

せーの、おっつかれーー!

Ending SE ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-

スクリーンに映ったメッセージ

やっぱり大阪のみんなの笑顔は
超サイコーです!!
ARIGATO☆INABA

Thank you 大阪!
また会いましょう!おおきに
Tak Matsumoto


ここからは私の感想です

セットリストに関しては正直不満がありました
でも、頑なに変えないのは
今のセトリと構成にB'zの2人が納得というか満足しているから
確かに、抜群の安定感だと思います
今まで、B'zは常に走り続けてくれて
期待以上のサプライズでファンに感動と刺激を与えてくれました

でも、でもね。
今は刺激ではなく「安心」とか「安定」とか「公平」とか
そういったものをファンにプレゼントする時だと
そんな風な想いみたいなものがライブを見て伝わってきたんです
この感覚初めてかもしれません。

ドームで手拍子やるぐらいですもの
絆とか繋がりとか
仲間がいるって素晴らしいがテーマ

実際ドームのスペースだと手拍子はズレるし
スタンドの上段席はちゃんと最後までいっていなかったと思います
でも、どーしてもやりたかったんでしょうね
サポメンの挨拶を削ってまでも。
手拍子の説明と実践にかなりの時間を費やしたために

ライブ全体に巻き巻き感がありました
そこのところ、アリーナ公演を見ていない人にとっては
気にならなかったと思います
だから、私の感想を贅沢な生意気な発言だ!って
思われる方も沢山いらっしゃるはず。

なんか、やっぱり複雑でごちゃごちゃになってきましたね。
すみません。
演奏は、一曲、一曲、丁寧且つ豪快で抜かりない
本当に素晴らしかったです

文句言いつつも、瞬きするのも惜しいぐらい愛してやまないこの気持ち。
ちょっと、頭冷やします_/乙(、ン、)_

長文な上に支離滅裂な私のレポにおつきあい下さりありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]



nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 16

コメントの受付は締め切りました
お茶屋

いつもながらにすばらしいmaxのレポート☆
nice!でございます♪
by お茶屋 (2011-12-20 09:55) 

Victoria

sayoたん(*'-')ライブレポおつかれさまでしたッ
稲タンの言葉がまるで直に耳に届くようです。

このレポとても時間がかかって書かれていると思うんだけど、B'zへの愛が伝わってくるね(⊃-^)ホロリン

>文句言いつつも、瞬きするのも惜しいぐらい愛してやまないこの気持ち。
コクリ('-')生でライブ観てしまうと文句言いにくくなるよねwww
私ももういいやって気持ちになって、苦情ファンレター出してしまってごめんなさいという気持ちにまでなった/(^O^)\www

>私、wowowでやってる「ランウェイ」っていう番組大好きなんですど
私も大好きwww
辛口審査員すごいよねw

by Victoria (2011-12-20 12:49) 

UA

大阪3days参加したものです。
すごいよいレポでびっくりです。
あれはXmasのほうのミサンガですよね。
稲葉さんの服な靴とかに興味ありありで、詳しくレポで参考になりました。
あのHAVE YOU〜のTシャツがほしいとおもったり、靴もほしいなとか(笑)
by UA (2011-12-20 18:46) 

sayo

>お茶屋さん

いつもお忙しい中おつきあい下さりありがとうございます♪
コメントまで頂いてお恥ずかしいやら(^^;;
嬉しいやらで、ほんとありがとうございます!
by sayo (2011-12-20 22:26) 

sayo

>Victoriaさん

>このレポとても時間がかかって書かれていると思うんだけど、B'zへの愛が伝わってくるね(⊃-^)ホロリン

(。´Д⊂) ウワァァァン!
もうVicたんの、お優しい言葉に感涙です!
ありがとう、ちびちび書いては保存して時間かかったけど
分かって下さる人が1人でもいてチョー幸せです(T-T*)ウウウ

文句もね、Live観たら吹っ飛んじゃうんだけど
だったら最初から言わなきゃいいってのもねw
でも、好きすぎて湧く感情ってあるよね?ね?

>苦情ファンレター出してしまってごめんなさいという気持ちにまでなった/(^O^)\www

私、Vicたんのそーいう所、大好きです!
なんて可愛い女性なんでしょう♪

そしてw やっぱり「ランウェイ」大好きとキマシタか!!
仲間(・∀・)つ⊂(・∀・)仲間
辛口審査員たまらないよねww
by sayo (2011-12-20 22:39) 

sayo

>UAさん

はじめまして〜
3days参加されたんですねー♪
私は2daysの参加でした!

こんな長文に最後までおつきあい下さって
本当にありがとうございます☆
ミサンガは大阪からウィンターバージョン(緑)を
つけているみたいですね

衣装もご興味あるみたいですが
ちょっと辛口に書いていてすみません(*;ω人)
ハイカットのスニーカーはまだ販売されているお店あるみたいです
HAVE YOUのTシャツはLAで用意したっぽい雰囲気ですよね
「今までにお会いしたことありますか?」
そんなジョークを胸にチョイスするあたり
ヤンチャだなぁと思いましたw

コメントありがとうございます。
またいつでも遊びに来てくださいね!
by sayo (2011-12-20 22:54) 

Julia

名古屋で観たLiveが鮮やかに蘇ってきました♪

sayoさん、ありがとう☆
by Julia (2011-12-20 23:28) 

チヨル

詳細なレポ!見事です!!
ナゴヤドームの興奮がよみがえってきました♪♪♪

ただ、、、早めの入場をオススメしていただいてたのに
待ち合わせの都合で遅くなってしまい
開演前のお楽しみを堪能できませんでした(>_<)
パロディCM!見たかった~;;;

あ、ボクも森光子さんのCM知ってますけど、、、何か?(^^;v
by チヨル (2011-12-21 05:06) 

masa

北海道からの参戦はかなり難しいので、この素晴らしいレポートを見るのが楽しみです!!


by masa (2011-12-21 17:13) 

sayo

>Juliaさん

ご無沙汰していますー
ありがとう☆だなんてとんでもなーい♪
いつか、必ず一緒にLIVE行きましょうね♡
隣りでメモっていても嫌じゃなかったらだけど(^^;;
遊びにきてくれて、本当にありがとう( ´ ▽ ` )ノ
by sayo (2011-12-21 23:47) 

sayo

>チヨルさん

うわぁん♪
お褒めのお言葉ありがとうございます(*´ω`*)

開演前のお楽しみのパロディCMはクスッと笑えましたw
たぶんDVD化されると思うのですが....
開演前の様子もチラッと映るかも?しれないですよー
もしも、映っていたら即ご報告しますね(*´∀`)b

えっ、チヨルさんも森光子さんのCMご存知でしたか〜( ´艸`)
ナカマ*´∇`)人(´∇`*ナカマですねー
なんか勝手にぐっと、親近感湧きました〜

いつもコメントありがとうございまーす♪
by sayo (2011-12-21 23:55) 

sayo

>masaさん

はじめまして〜♪
検索して来て下さったのでしょうか?
めちゃくちゃ励みになる嬉しいコメントを
書いて下さって、ニマニマしてしまいました( ´艸`)

悪戯に長くて
面白さに欠けるのが欠点ですが_/乙(、ン、)_
おつきあいして下さってありがとうございます♪
また、いつでも遊びにいらして下さいね!
by sayo (2011-12-22 00:04) 

みほ

初めてコメントさせていただきます。

私も関西に住んでいて、15日と18日の京セラドームに参加しました♪
その時の感動がまだなお忘れられず、詳しいレポートを探して検索していたらsayoさんのこのブログに辿り着きました。

拝見しながら瞼を閉じれば蘇る臨場感・・・。感動です。
sayoさんご自身も会場で狂喜乱舞(!?)されていたでしょうに、こんなに詳しいレポートを書き上げられるメモ力と記憶力・・・素敵です。

嬉しすぎてお気に入りに登録させていただいちゃいました☆
是非、これからも頻繁にお邪魔させてくださいね。

私の周りにはB'zの話で深く盛り上がれる人があまりいなくて淋しいので、どうぞ相手してやってください。
よろしくお願いします。
by みほ (2011-12-25 01:51) 

toshi

こんばんわ、はじめまして。

いきなりでスイマセン。検索してきました。


神戸最終日と大阪最終日に参加したのですが「巻き巻き感」というのが
ものすごく同意見でして。
両方のLIVE見た身としては、不満はないのですが、
ドームのLIVEのみの人は、少し厳しいのかも…って思えてしまいました。

FANの我侭なのかもしれませんけどねぇ。



突然すみませんでした。
失礼いたします。
by toshi (2011-12-26 02:14) 

sayo

>みほさん

はじめまして〜♪
コメントのお返しが遅くなってしまいすみません
検索して辿り着いて下さったんですね!
そして凄く素敵なコメントも書いて下さって
こちらこそ、嬉しい気持ちで一杯です!

あはは、狂喜乱舞w
そうですねー。もちろん皆さんと同じですが
好きすぎて「刑事の眼差し」になっている時あります( ´艸`)
双眼鏡とメモ帳は首からかけるマストアイテム
瞬きするのも惜しいぐらいガン見している自分が怖いですねw

興奮してボールペンを飛ばしたり、なくすことも数回ありました
こんなイタイ私ですが
いつでもお気軽に遊びに来て下さいね☆

大歓迎でお待ちしていまーす( ´ ▽ ` )ノ
by sayo (2011-12-28 02:18) 

sayo

>toshiさん

はじめましてー
検索して下さってありがとうございます。

おぉ!「巻き巻き感」に同意していただけたとは!
これまたとっても嬉しいというか
私だけの感覚じゃなかったことに
ちょっと安堵感を感じています

私、思わず2日目の17日参加の時のファンレターに
我がままと思いつつも率直な感想として
書かせて頂きました
特に、スタンドの手拍子が終わっていないのに
うぉぉぉぉっと雄叫びをあげるあたりとか
不完全燃焼だったので

だから、toshiさんのコメントに
とっても勇気を頂きました
また、いつでも遊びに来てくださいね
ありがとうございます!
by sayo (2011-12-28 02:26) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。